カテゴリー 'サイエンス' に関する記事のまとめ

2009.07.23 木曜日 [ Latest News, サイエンス]

皆既日食

昨日7月22日は日本では46年ぶりと言われる皆既日食が観測された。
期末テストがⅠ時間目にあり、また同時に午後にバイトがあったため、日食を見るかどうかは迷っていたところであった。

しかし、前日になって友人A.T.と日食を見ようと言うことになり、わざわざ九段下の科学技術館まで日食を見に行くことにした。
目的は科学技術館の館内にあるシンラドームという全天球の映像が見られるドームで、天文学科の先生の話を聞きながら各地の中継の映像を見ることである。
シンラドームは、以前あったユニバースという映写室を改築した部屋らしく、新しくなってからは一度も行ったことがなかった。
(こちらが日食のイベント案内)

しかし、問題は定員。先着の62人しか入れないということ。
一限のテストを受けてからでは入れないのかもしれないなあと思いつつも、とりあえず科学技術館へA.T.と行くことにした。

行ってみると、入り口付近の売店に、小学生の頃からお世話になった方がいたので、尋ねてみると案の定既に定員オーバーだった。(苦笑)
それでも、なんとかコネが使えないのかなあ・・・なんて思い様々な知り合いの人にお願いしてみたりはしたがやはりNG。
朝7時半から整理券をとるために並んでいた人もいたようだ。
本当に見たい人は、そこまで頑張るのか、と驚いた。
他にも別の部屋ではNHKの放送をディスプレーで放映したり、硫黄島の国立天文台の中継をインターネットで写そうとしていたようだ。
しかし、どうやら硫黄島の中継は、硫黄島のサーバーの不具合で中継不能となってしまっていた。

A.T.以外にもう一人友人M.S.(科学技術館のサイエンス友の会の時代からの友人で、最近大学で偶然に再会した)が来た。
受付で待ち合わせることにしたので、一旦入り口まで戻った。
入り口まで戻ってみると、なにやら技術館の職員が少し慌てている。
話によるとどうやらちょうど外で日食が見えたらしい。
先ほど会った売店の方とともに外に出てみた。
確かにそうだ。日が欠けている。

科学技術館の前から撮影した日食の写真ということで、天気は曇り気味だったものの館内のディスプレーを見る必要もなく直接見られることを知ったので、それ以降3人でずっと科学技術館の正面玄関の前で空を仰ぎ見ていた。
むしろ天気が曇りであったことが運が良かったのであろうか、雲が薄くなると欠けている太陽が肉眼で見るとちょっとまぶしいな、と感じる程度。
雲が全くないような晴天であれば、太陽を肉眼で見ることが出来なかっただろう。
ちょっとまぶしい程度に見える天気なのが興味深い。
ただ、もちろん肉眼では直視できないくらい明るくなる瞬間もあり、時々プリペイドカードの穴越しに太陽をのぞき見た。
(プリペイドカードの穴を絞りとして用いて、光量を調節した。)

写真はA.T.がうまく携帯電話で撮影していて、日記への掲載の許可をもらったのでここに載せる。
確かに太陽が月に隠されている様子を実感できる。
(本当は、日食の撮影のためにデジカメを持っていったというのに、自分は日食を見ることだけに集中しすぎて写真を撮ることを忘れてしまっていたのだ。(笑)


■アフリカ皆既日食(2001年6月21日)
実は過去に一度皆既日食を中継で見たことがあるのだ。
これも科学技術館での話である。先ほど書いたシンラドームの場所に、以前あったユニバース、という部屋で母親と皆既日食を見に行った。
2001年の6月21日のアフリカであった皆既日食で、アフリカからのインターネット中継での日食である。
過去の日記にも日食のことが書かれているのであるが、ほんの一言しか書いていないのが情けない(苦笑)

ただ、この日食を見たときはとても興奮していたことを覚えている。
目の前の大きなスクリーンに、太陽が大きく映し出されており、その太陽が隠れ、ダイヤモンドリングが見え、また現れてくる、という映像は自分自身に大きな影響を与えたのだろう。
今になって知ったことなのだが、あの皆既日食の中継は、インターネット中継技術の実証実験でもあったそうだ。
アフリカという日本と離れた土地から衛星などの通信を介して日本までリアルタイムに映像データを送るという技術は、まだ8年前には発展途上であったのか、と思うと近年の技術革新、グローバル化の勢いはすごいんだなあと実感させられた。

それにしても、もうすこし小中学生の頃から「きちんとした(文章で)日記」を書けたらよかったのだが・・・。(笑)

2009.05.25 月曜日 [ Latest News, サイエンス, 大学]

進学振り分け

最近、進学振り分け(通称進振り)について悩んでいる。

進振りとは東大の特徴的な制度であり、世界的にみてもこの制度は特殊なものらしい。
一般的な大学は入学時に法学部であったり医学部、工学部のように志望学科を選択して受験する。
東大は、高校生のうちから専門を決定してしまうのは良くない、という考え方から、大学入って一年半は専門課程に所属せず多岐にわたる分野の勉強をすることになっている。
(彼らはこれをレイトスペシャリゼーションと呼ぶ)

現在僕は教養学部(前期課程)理科一類という場所に所属しており、教養を身につけることになっている。ただ教養教養と叫ばれながらも、実際はあまり深い内容の知識を身につけることが出来ていない。これは結局は残念ながら進振りの制度に問題があるからだろう。

進振りでは、二年夏学期までの成績の平均点が高い順に進学先を選べることになっている。
向学心があり、点数の高い学科に行こうとする人ほどもちろん点数を稼がなくてはならない。
しかし、点数を稼ぐことに躍起になるとどういうことが起きるだろうか。
東大の多くの生徒は、楽をして高い成績をもらえる授業を探そうとする。
新学期になると、学内向けに「教員逆評定」というものがとある出版系サークルにより編集され販売されるが、それをほとんどの学生が購入することになる。
この冊子により皆、成績のとりやすそうな授業を選択する訳だ。
周囲の人間が、出来るだけ楽をして高い成績を取ろうとする訳だから、本当に多岐にわたる分野の勉強をしたいと思う人にとってはとても都合が悪い。
頑張って勉強しても得点の伸びが悪くなってしまうからだ。

しかも、いったん逆評定などで教員の良さが評価されると、その授業に学生は集中する。
人が集中すると教員も、最下層にあわせて授業をしないといけないことになっているので出来るだけやさしく授業をしようとする。
これが悪循環につながる訳だ。
全体として、東大の生徒は成績、という単なる数字に踊らされて、教員に甘えるような姿勢を見せることがある。
そして教員も授業の内容を薄くしていってしまう。
ある意味教養前期課程はモラトリアムであるのかな、とは思いながらもちょっと授業がつまらないなあと感じられることは多い。

とはいえ、専門課程に入ると様子は一変して、がっしりと授業が行われるようだ。
怖いようで楽しみである。


■進学学科選び■
進振りが確定するのは9月である。 この結果で東大生の人生が決まるわけだ。
(同時に、前期課程でずっと一緒であったクラスも解体される)

現在進学で迷っているのは
理学部物理学科
・理学部天文学科
理学部地球惑星物理学科
工学部航空宇宙工学科
である。(理学部化学科工学部物理工学科も考えていないわけではないが)
それぞれの学科に一長一短がある。

先ほど述べたように東大の学内では、人間の評価も、学科の評価も成績の平均点で評価する風潮にある。そのためこの中で最も進振りの点数が高い理物(理学部物理学科)は学生の間では評価が高い。
しかし、入る難易度が高いから、という理由だけで安直に理物を選ぶのは良くない。
高校時代から一緒に勉強してきた周囲の人からは、理物に行くのが当然というように思われているようだが、最近理物へ進学するというモチベーションにはつながっていない。
各学科の教員や研究についてよく調べて、進学先の学科をしぼっていきたいと思う。


■大学・大学院卒業後の進路■
最近、進路のことを考えていると小中学生のときの夢を思い出すようになっている。
なぜなら、
物理をやろうというモチベーションが生まれたのは高二のときの物理チャレンジのときであるが、もともとのScienceに対するモチベーションはもっと以前からあったからだ。
そもそも、どんなことがきっかけで科学が好きになったのかを考えるのは面白い。

小学生のころは、ロボコンをやりたいといっていたのを覚えている。
NHKで大学生ロボコンを見ていたからだろうか。
それの影響もあってか(科学技術館サイエンス友の会の友人の影響も大きかったが)小中学生の頃は電子工作にはまった。
大学に入った際、一瞬ロボコンサークルに入りかけたが、忙しそうという理由で入部を諦めてしまった。
物理チャレンジ系の友人でロボコンサークルに所属しているA.T.くん,S.K.くんもいる。
忙しそうだが、毎日が充実しているように見える。

電気回路について勉強をして電子工作をしたいというモチベーションは未だになくなっていない。
最近はパソコンいじりばかりやっているが、半田ごてをつかった工作をやりたいなと思っている。
(電子工学科に進むという手もあったが、電子工作だけを専門にはしたくはなかったので、ここには進まないつもり。物理学科などに進んでも実験装置の製作は自分の手作業になることは多々あるからいずれ電子工作は必要になってくるであろう。)
それにしてもクラスメートのS.N.くんは最近PICをいじり始めたらしい。
負けてられないなあ。

また、電子工作だけでなく宇宙開発にも興味があった。
現在ではJAXAになったが、かつての NASDA,ISASへの興味が強かった。
ちなみに上に述べた学科はすべてJAXAと大学院で提携しているのでJAXAへの就職の道はどこへ行っても確保されているようだ。
(くわしくはこちら)

宇宙開発への興味といえば、東大航空宇宙工学科の中須賀研究室で打ち上げた小型衛星CubeSatなどを追いかけていた時代もあるし、旧ISAS(現JAXA)のはやぶさプロジェクトに至っては打ち上げられる以前(まだ衛星の名前がMUSES-Cと呼ばれていた時代)から追いかけ続けている。

もう一つ興味があることとしては海洋である。
JAMSTEC(海洋研究開発機構)への興味もあった。
しんかい6500などの潜水艦やちきゅうとよばれる海洋水面下の地層に穴をあけて岩石のサンプルを採取する船などには今でも興味がある。
(そういえばちきゅうも建造される前から追いかけていたんだったっけな。)

小学生のころは今よりもたくさん興味を持っていたのではないかと思えるくらいの興味の幅があった。
将来やりたい研究なども含めて進学先を考えられれば、と思っている。

2009.05.12 火曜日 [ Latest News, サイエンス, 大学]

益川敏英教授 講演会@駒場

5月9日東京大学駒場キャンパス900番講堂で昨年ノーベル物理学賞受賞された益川先生の講演会があった.
参加は無料で,新入生を対象という建前の講演会であったが,翌日(新入生だけで模擬店を開催する)「新フェス」が行われるための準備で新入生があまりいなかったのも事実ではある.(とはいえそこそこいた)
そういう僕ももはや二年生であるが…

講演開始時間は14時,しかし受付開始は12時半とちょっと早め.
僕はさらに早い12時10分ごろ東大についた.
しかし,もうすでに列ができていた.
さすが,ノーベル賞受賞者への関心は高いんだなあと改めて実感.

といっても早めに列に並んでまで整理券を受け取るのも面倒だったので,12時半ごろまでは生協購買部や食堂で友人とまったり.
12時半ちょっと前にいくと,列の長さはさらに長くなっていた.
といっても200人はいなかったように感じる.
人気,といえるのかどうか微妙な人数だ.

とにかく,友人の分の整理券も受け取らなくてはならなかったので,一度整理券をとって席を確保してから再び列に並びなおした.
学生には学生証をチェックしていた建前上,一度に複数枚とることが認められていなかったからだ.

ところで,講演会開催には事務方のスタッフが必要になる.
今回の講演会の企画は,駒場の理系の研究室の先生方と,一部の手伝いの学生で構成されていた.
その学生スタッフのうち二人ほどが知り合いだった.
二回目の整理券確保後,スタッフの友人と話していると,後ろから
「益川先生が到着されました.いま正門にいらっしゃいます.」
とのこと.
いやいや,要人は裏側の門から招き入れるんじゃないのか? と思いながら,一緒に講演を聞きに行ったHとともに正門に行ってみることに.

・・・
まさかおひとりでいらっしゃるとは思いもしなかった.
正門入ってすぐ右の守衛所の横に立っているではないか!
900番講堂は正門入って左にあるからか,益川先生目当ての人は(門の右側に立っている)白髪の人に気づかないまま,左の目的地に急いで歩いていく.
何という滑稽な光景だろうか.

とはいえ僕自身も直接話しかける勇気がなかったので遠巻きに見ているだけだったが...
しばらくすると後ろから,駒場のお偉い物理の先生方が迎えに来た.
益川先生は別室に連れて行かれるようなので,僕らも会場にもどった.



そして講演会開始.
まずは,物理学会のときの講演会と同様に,主催者の挨拶ののち,CP対称性の破れについての解説があり,その後に益川先生の講演である.
解説をされた先生は,普段は益川先生のことを「益川さん」と呼んでいるようなのだが,今回の講演では「益川先生」と呼ぶように努力していた.(大学側からの要請か?)
解説中「益川さん」と口走ってしまい,あわてて「益川先生」と言いなおすことが頻繁にあった.
普段通りの呼び方で呼んだほうがよさそうに感じるのだけど…

また,益川先生は以前東大の原子核研究所(今の高エネ研)に所属された時代もありその当時,東大で試験監督をされたこともあるらしい.
たぶん当時の学生は将来ノーベル賞を受賞する先生だとは想像もしなかっただろう :苦笑

さて,そして益川先生のご講演が始まった.
あらかじめ用意した講演内容とは異なり,気の向くままに話してくださったようだ.
物理学会の市民講座のときと同じ論題だったので,同じ話もあったが,だいぶ市民講座とは内容が異なっていた.

彼は,天才の定義についても話をしていた.
天才は3種類のタイプに分類される.と
一つ目は秀才タイプの天才.
何人かの物理学者の例をあげていた.

二つ目は変人タイプの天才
ランダウという有名な物理学者がいるが彼はこれに該当する.
誰も信じそうもないような仮定から,理論を展開し現実を説明する彼の理論の展開のやり方は確かに有名だ.
今でもランダウ物理学教程という本は邦訳本もいくらか出版されているが,その本が難しいといわれる理由は,理論の出発点(公理)が現実と乖離しているように感じられるからであろう.
しかし,それはきれいな理論体系 (少ない公理から豊かな定理が生み出される体系) を実現するために敢えて洗練された公理だけを採用しているのかと思いきや,益川先生によると,彼はもともとの思考回路がそのような信じがたい公理系からの理論の導出をするようにできていると言っていた.
確かに,そのような一般人とは違う論理で物事を考えるからこそ”変人”といわれるわけだが.


他には友人の存在の必要性を話していた.
益川先生自身,ノーベル賞をとる際には小林先生の存在があった.
しかし実は小林先生と益川先生が一緒に研究したのは必然性によるものではなかったようだ.
というのも,益川先生は小林先生よりも年上ということもあって先に京都大学へ助手として行った.
その後小林先生が京大にいくわけだが,京都での生活などについて研究室の先輩であった益川先生に手紙で(メールでないところが時代を感じる)話を伺っていたようだ.
文通の中でお互いの興味のある研究の話になり,お互いCP対称性の破れというテーマに興味をもっていることが分かり共同研究をすることになったようだ.
当時,理論ではCP対称性という対称性(粒子と反粒子は対称的に存在する)と考えられていたのだが,ある加速器による実験結果から対称性が破れていることが判明していた.

とにかく,それ以来益川先生と小林先生は共同でCP対称性の破れの理論について議論を重ねて理論を作ったようだ.
益川先生曰く,友人の存在は教官の存在以上に重要だ.と
たしかに教員は学生よりは年上であるし,権威もある.
権威があるということは,責任が大きいということ.
できるだけ嘘を言いたくないという思いが強くなる.
そうすると,新しい理論の提唱だとかはふと頭の中で思いついたとしても嘘かもしれない,という恐れから新しい理論を口外する事が出来なくなる.
(これは益川先生だけでなくいろいろな人が,同じようなことを言っているが.)

つまり,学生が新しい理論を考えたと言って先生にもってきたとしても,先生はこの恐れから従来の理論からあまりにも逸脱した内容の考えには賛同しかねてしまうようだ.
野依さんの講演会で,ある院生が自分の実験についてアイデアを伺いたくて講演の休憩時間に直接質問をしたところ,野依さんからの返答は「自分の思うようにやりなさい」だったとか.
これも,上記の理由によることだろう.

だからこそ(教官の存在以上に)友人の存在は重要.
一人で研究するより,二人で研究したほうが能率がだいたい1.5倍になると言っていた.
友達は必要だし,活用すべきだと.

そういえば,僕が高校時代通っていた塾(現在のバイト先)の合格祝賀会で卒業生代表のスピーチをした際に「友達は便利です」だなんていう失言!?をしてしまった記憶があるのだが,
その意図としては,益川先生のおっしゃったような,友人と議論することで新たな発見が生まれたり,切磋琢磨しながらより知識を増やすことができる.ということだ.
さまざまな (限られたメンバーだと視野が狭くなるのでできるだけ幅広く多くの) 友人との議論を積極的に行うように心がけなければ,と思った.


そして,益川先生は,研究者(とくに理論屋)は自分の見た参考文献を見なかったことにする傾向にある とも話された.
あくまで,自分が論文中の理論をすべて導いたかのような美しさをアピールしたいという気持ちになるからだそうだ.
この点についてはあまり具体例を知らないが,確かに僕が理論屋であるなら,論文の最後に書く参考文献はあまり多くしたくないかもしれない.


また,理論の発見は,(お互い無関係の研究者たちから)同時期に発表されることが多い,ということも言っていた.これも様々な理論において有名な話だ.
実際には,実験物理学の範疇でもしばしば,複数の研究所で同時にある事象が発見されることもある.

科学の進歩は何らかの時系列に従って発展するのかもしれない.と言っていた.
裏を返せば,現地点では全く解決できそうもない問題も,全力を尽くして取り組めば,いつかは (その問題が解決されるべき時がくれば) 解決されるであろう,ということだ.
(ちょっと論理的には飛躍がないわけでもないが:笑)


他にもいろいろと面白い話をしていただいたが,僕が記憶しているのはこの程度まで.
また講演会がある際にはできるだけ記録に残しておきたいと思う.

2009.05.04 月曜日 [ Latest News, サイエンス, 大学]

演習林二日目

(写真は昨日の日記と同様暫定的にここにアップロードされている.また昨日の日記に追記あります)

昨日に引き続き今日も愛知演習林にいる.
今日は朝6時に起床し,6時半から講義という過密スケジュール.笑
とはいえ,6時半から行われたのは,バードウォッチングについての話.
東大の演習林(7か所)にいる鳥の種類は90種ほどいるようだ.

7時から早速バードウォッチングが行われた.
早朝の森は寒い.
フリースを持ってきていて正解だった.

愛知演習林には現在,いくつか巣箱が設置されており(小学生向けのイベントか何かで設置された?)その中をのぞくことができた.
ちょうど巣箱の中にはヒナがいて,中にはふ化しているものもいた.
撮影したのは,ふ化しているヒナ,ふ化する前の卵,親がいなくなってしまったヒナの死骸の写真である.

朝食を食べた後は,宿泊施設の裏の道から森の中の散策をした.
目的地は三国山という山の山頂.
とはいえ,目的は山登りでないということだからか後方には公用車がつき,後方支援体制が充実していた笑

途中車を使いながら徐々に移動をしていった.

昨日も注意を受けたが,漆がたくさん生えており,触らないようにと言われた.
もともと山がはげ山だったところに木を植える必要があったため,地盤を固めるためにもちいたイネ科の植物が道路沿いに生息し,その上部に森林があった.

いくら演習林といえども技術的,コスト的問題のため,森林の運営は難しいようだ.
道路に面した部分以外には,車が入れないため木を切り倒しても意味がないため,結局手つかずになってしまうそうだ.
しかも,森林は木を植えてから出荷するまで60年近く面倒を見なくてはならないこともあり,現在の日本の森林のほとんどがこのように,手つかずのままになってしまっているようだ.

一方愛知演習林では新たに複層林といわれる,森林の形態を試験している.
複層林とは,杉や檜を植えるタイミングを5-10年おきにずらして,複数の樹齢の木を一か所に置くという方式だ.
葉が茂る高さが複数になるので複層林と言われるわけだ.
愛知演習林でも将来的に檜を出荷することを目標としているようで,複層林にはいくつか車が通るため,また木を切り倒す際のスペースを開けている.
そうすることで,森の維持の可能性を見出そうとしているらしい.

モザイク林(杉檜などの針葉樹と照葉樹を交互に市松模様に植えた森)なども見た.

昼ごろには敷地に隣接した酪農家を訪ねた.(旧国有林を開拓したらしい.)
鶏舎,牛舎をもち三種の鶏(名古屋コーチンを含む)と乳牛を育てていた.
現在の酪農家の問題点としては,糞尿などの廃棄物の処理が大変なようだ.
以前は屋外に放置してもよかったものが,現行の法制度では屋根つきの施設で乾燥処理を施さなくてはならない.(雨などで流失すると河川などの栄養過多になるから)

酪農場には,馬やカラス,猫なども飼われていた.

また,酪農一家の孫たち(小学生・幼稚園生)がとてもなついてきていた.
しぼりたての牛乳ととれたて卵のゆで卵を御馳走になるとき,子どもたちはその横に置いてあったトランポリンで遊んでいた.
(僕らも遊ばせてもらったということは秘密)



雲興寺というところにも行った.
社寺は,自分で森を私有化しているらしく,この雲興寺にも寺所有の森がある.
周囲の森は陶器を焼くための燃料として過度な伐採に遭ったが,この寺の森には昔からの種族が維持されている(部分もある).
ツバキや,スダジイ(ドングリの一種)などの照葉樹が多く生息しているのを見ることができた.

雲興寺見学後は早めに宿舎に戻り,ゆったり時間をすごしたり,夕飯の準備片付けなどをした.

夕飯は,焼肉とじゃがいものコンソメスープと職員の方の畑で採れた野菜と自家製ベーコン(材料の肉は鹿児島産らしい)でスパゲッティーを食べた.

今は部屋で皆でゆったりしているところだ.



昨日今日と日記を書く暇があったのだが,明日の夜は明後日(実習最終日!)の朝に行われる発表会のプレゼンの作成等でいっぱいいっぱいになりそうなので,日記を書くことはできないかもしれない.

2009.05.03 日曜日 [ Latest News, サイエンス, 大学, 旅行]

愛知演習林

本日から,東京大学の愛知演習林に来ている.
「里山の自然を訪ねて」という授業を履修したからだ.

昨日は,夕方から東大の柏葉会合唱団という団体に遊びに行き,(新入生と一緒に歌う)夕飯を食べて,そのまま新宿のバスターミナルへ向かった.
新宿のバスターミナルの混雑は予想はしていたものの人だらけであった.

高速バスは初めてである.
JRバスニュードリーム名古屋3号に乗って名古屋に向かう.(20分遅れの0時10分に出発)
座席は一番前の右側窓わき(1番C席)で,足をゆったり伸ばせて楽だった.

名古屋到着は予定より10分早い6時50分に到着した.

名古屋では,中国人留学生の友人とともに観光をした.
大須観音,名古屋城などをめぐり,最後は矢場町の矢場トンへブランチを食べにいった.
噂には聞いていたものの,矢場トンは長蛇の列.
わらじカツを食べたのだが,腹にたまった.
しかし,お腹の余裕が少なくなるにつれて,時間的余裕もわずかとなった.

名鉄線尾張瀬戸駅に13時に集合しなくてはならないのだが,乗らねばならない電車にぎりぎり飛び乗った.

演習林では,森の維持のしかたや,愛知演習林についての説明を受け,さっそく森に出る.
チェーンソーの使い方を教えていただき実際に杉の木の間伐を体験させていただいた.

また,瀬戸焼の室町時代に作られたといわれる窯を見学させていただいた.
燃料の調達が難しい頃,器は容易に燃料の確保できる森林に窯を作り,器を作っていたようだ.

撮影した写真も更新したので,ここを見てみてください.


090504追記
かつて,瀬戸焼が現在の愛知演習林の付近で焼かれていた影響で,燃料となる木が切りつくされてしまい,山には木がなくなってしまっていたようだ.

愛知演習林には80年の歴史がある.
その間に愛知演習林に託された重要な任務としては荒廃したハゲ山を復活させることであった.
砂防ダムを設置し,杉や檜を植えて現在の姿がある.
現在,森が復活した演習林には現在杉檜などばかりが植わっているが,本来日本の自然林には照葉樹が多い.
愛知演習林では杉檜の商業的利用の研究や,照葉樹林の再生なども研究しているようだ.

2009.04.01 水曜日 [ Latest News, サイエンス]

物理学会ーノーベル賞記念講演ー

29日は立教大学へ
「日本物理学会市民科学講演会 ノーベル物理学賞受賞記念講演会
ーサイエンスへの限りない好奇心ー」を聴きにいった。
午前中はバイトがあったために、会場へはギリギリで到着した。
生協食堂でカツカレーをかきこみ、開始時間に間に合った。

初めは物理学会長の二宮先生、そして協賛者の二人の方の挨拶で始まった。
その後、素粒子物理学の先端の理論物理学者の東島清教授(阪大)、CP対称性の破れの実証のリーダーをされた高崎史彦教授(KEK)のお二人の解説がある。
物理学会ということもあり、解説する内容はとても深い内容まで、しかも高校生にでも分かるように丁寧に話されていた。
ファインマンダイアグラムをもちいた電子の対消滅対生成の話と、CP対称性、カイラル対称性のお話、そして、K中間子のCP対称性の破れの発見とそこから得られた小林益川理論に至るまでのお話を伺った。
途中、行列が登場したのだが、行列の成分の中にファインマンダイアグラムが入っていて、何じゃこりゃ?と理解に苦しむ部分もあったが。(なんとなくいいたいことは分からなくもなかったが。。。)
やっぱり素粒子物理やる人の数学って難しそうだなぁー。と実感。

にしても、世間で騒がれる割に、まったく小林・益川理論の内容を知らなかった僕にはとてもいい講演を聴けた。

そして、高崎先生。
やっぱり実験物理学者もすごいなぁと実感させられた。
小林益川理論を最終的に証明したのはKEK(高エネルギ加速器研究機構)のKEKB加速器(Bファクトリー)とスタンフォード線形加速器センターのPEP-II 加速器である。
日本としては、KEKBで理論を実証出来たことはとても誇りに思えることだ。
KEKBの性能はとても高い。
しかも、加速器は整備点検などで停止することがしょっちゅうあるのだがKEKBは年間の9割以上の時間運転を続けている。
しかし、その高い性能を維持することはとても大変だそうだ。

いつも思うのだが粒子加速器の技術力の高さはすごい。
特にKEKBはLHC(スイスにある世界最高エネルギーの加速器)の陽子反陽子衝突と異なり、電子と陽電子(電子の反粒子)のビーム衝突で実験する。
電子ビームは陽子ビーム以上に小さい半径のものだ。
それを逆方向から飛んでくる陽電子と衝突させるわけだ。


以前、日本科学未来館で展示解説のボランティアをしていた時、KEKBについての展示が新しくなる際に、KEKBの研究者のお話を伺う機会があった。
そのときは、陽電子を加速するのは電子よりも難しいため、電子ビームに比べ、陽電子ビームのエネルギーは上げにくい(あまりエネルギーが大きすぎると、陽電子から出る光によって加速器の配管から電子が放出され追従滅してしまうため。)ということ、
そしてその技術はとてもすごいものだということ、くらいしか分からなかった。
しかし、今だからこそこの講演会を聴くことで、分かったこともとても多かった。


さて、二人の先生の解説のあと、江崎先生、小柴先生の挨拶があった。
(さすがは物理学会。ノーベル賞受賞者を4人同時に生で見れるとはすごすぎる。。)
そのご益川先生、小林先生のご講演があった。
お二方からも興味深いお話を伺うことが出来た。
理論の解説というよりも、どちらかというと一個人の物理学者としていままでやってきたことを聴かせて頂いたという感じだ。
しかし、ここのところの疲れと、理論・実験双方の解説で集中力を使い果たしてしまったため、実はちゃんと話をすべて聴くことができなかったのは内緒にしておこう。

今度、夏の物理チャレンジの際のご講演を聴く際にはちゃんと体調を万端にして講演を伺いたいと思う。



講演終了後は会場はサイン会と化していた。
僕は、大学の知り合いや先輩達(学会のお手伝いをされている方もいる)とおしゃべりしながらサイン会の様子をぼんやりと見ていた。
(人だかりで1mくらい離れたところにしか、いられなかったというだけのことであるが:笑)
結局ミーハーな方々がサインをもらっているのを眺めるだけで帰ることにした。
サインもらったところで、そんなことに浮かれていて勉強を怠ってしまっては本末転倒だもんなぁ・・・
(と書きつつも、本当は若干サインは欲しかったかも… :笑)

2009.03.06 金曜日 [ Latest News, その他, サイエンス, バイト]

「はんだごて」と「万年筆」

題名とは関係ないが,そういえば先月(2月)の27日は僕の誕生日(19歳になった)であった.
27日にこの日記に書くべきだっただうが,書き忘れていた:笑


28日には科学技術館のサイエンス友の会の手伝いバイトに行った.
講座は「金属探知機の製作」
動作原理としては,金属片をセンサー(インダクター,コイル)に近づけると,センサーのインダクタンスが変化することを利用するものだ.
  LCR発振回路はコンデンサとインダクタの値の変化で発振周波数が変わる.
  このLCR発振回路の周波数変化を利用して,もう一つのNAND発振回路と信号を重ね合わせて
  生じるうなりを音声として出力する.
  (直接NAND発振回路の周波数を圧電ブザーで鳴らしても可聴域を大幅に超えているため
  うなりを聴く)

小学生向けのキットなわけなので基盤にはシルク印刷で,差し込む場所などが丁寧に記入されている.
手慣れた人はそこそこ部品を差してはんだ付けをするのだが,初めて体験する子供は,差し込む場所が全く分からなかったりするようだ.
電子工作やるなら,小学生のうちからキット以外の工作もしてほしいと思うころだが,どうもそこまでひとりでやろうとしそうな小学生は教室には見当たらなかった.
ちょっと残念かな.

まぁキットを使ってはんだ付けを練習するにはとてもよい教材だったが,(14ピンICやダイオードの取り付けなどもあるから) はんだ付けを失敗する人が続出...
僕ははんだ吸い取り線やはんだ吸い取り機を持ってはんだ回収作業に追われ大変だった.

でも,はんだ付けの失敗だけではなくキット自身の問題もあったのだろう.
ちゃんと組み立てをしているのに動かないものがちらほらあった.
確かに発振回路の周波数が高いため,あらぬところでショートしていた,という可能性も否めないが,それよりも部品の問題もありそうだった.
なぜなら,半固定抵抗器を手で上から押さえるとちゃんと動くのに手を離すと音が鳴らなくなる,など部品内の接触不良としか考えられないような故障がいくつか見つかったからだ.


今回使用したキットは,どうも中に入っている部品のメーカーがセットごとに違う.
ケミコンもセラコンも,ICも仕様は同じでもメーカーが違うようだ.
それは,つまり各メーカーの不良品(誤差が大きくて検査で失格になった製品?)あたりを使ってキットを作っているのだと考えられる.

この教室で講師をされたM先生は
「キットを組み立てて,それが動作しなくてもそれは作った人の責任です,と言ってキットを作るメーカーは言い逃れられる.」
とのこと.
確かにそうだ.と納得.

僕がここで一番言いたいのは,キットを作るメーカーに不良品を入れないでほしい,ということではない.
子供に電子工作をさせたいのであれば「キットははんだごての練習に過ぎない.」
本当に何か作るのであれば自分で回路図を考えて(もしくは本の回路図を理解して)部品を揃えるところから作るべきだし、それが醍醐味だろう、と思う.


■はんだごてについて
前回は久しぶりにまともにはんだごてをもった.
はじめのうち「いもはんだ」気味になってしまったのは,さすがにプライドが傷つけられたなぁ:苦笑
というのも正確にはんだごてをランド(基板上の部品をさすための穴の周りの金属部分)に持ってこれない.
ランドにこて先をしっかり押さえつけないとはんだは融けないというのに部品だけ熱くなってしまうので失敗しやすくなるからさすがにはんだごてが操作できないことには焦った.
まぁ,といっても10分もすれば感覚を取り戻していつもどおり(?)はんだづけをできるようになったわけだが.


どうしてだろうかと考えると,最近の筆記具の持ち方に起因することがわかった.
はんだごては鉛筆と同じもち方をするのだが,部品をおさえたりするのには力をかけなければいけない.
考えてみれば,僕の筆圧が,鉛筆でも時々ノートを破ってしまうのは,このはんだごての癖があるからだろう.笑
しかし,大学に入ってから筆記具が万年筆に移行したため,あまり筆圧をかけないようになっていた.
そのためか,はんだごての力の加え方をはじめのうちは思い出すのに時間がかかってしまったようだ.

そういえば,はんだごては鉛筆よりも若干斜めに倒して使う(横からはんだごてを押さえる)が,このためか筆記具の持ち方もいつも斜めになっていた.
高校生になるまで,鉛筆をちょくちょく利用していたのには筆記具を斜めに持つ癖があったからだ.
シャープペンシルを斜めにもって書くと,芯がよく折れる.
ボールペンを斜めに持って書くと,インクの出が悪くなる.
大学入学するまで,長い間うまく筆記具と付き合えず悩んでいたのだが,大学に入って万年筆(といっても生協で売っている200円のやつ)と出会った.
万年筆はペンを(はんだごて同様)斜めに倒して使う.
これが僕の持ち方にピッタリであったのだ.
鉛筆と同じような書き心地なうえ,鉛筆のように線が太くなったりしないのは大きなメリットだ.
最近は万年筆なしでは勉強できないと言っても過言でないくらいだ.

気分や状況によってはシャープペンシルやボールペン,鉛筆も使うが,やはり万年筆は書き心地がよい.
しかし,期末試験などではどうしてもシャープペンシルか鉛筆を利用しなくてはならず,試験期間中はストレスがたまる一方であまり楽しくない.
鉛筆の場合は芯が太くなってくるし,シャープペンシルの場合は頻繁に芯が折れちゃうから困るんだよなぁー笑

お知らせ(Ryo's Pictures)

新たに日記の左側のメニューバーに「Ryo’s Pictures」というリンクを設定しました.

画像整理には簡単なフリーPHPを使っています.機能としては「フォルダごと画像をアップロードすると,ディレクトリごとにグループ分けしてサムネイルを作ってくれる」というものです.
ただし欠点としては,いちどFTPでアップロードすると,即座にサムネイルを生成し,公開してしまうためコメントを編集中の画像も誰でも見れてしまうこと.

もし編集中とおぼしきものがあれば、(見るのを)後回しにしてもらえるとありがたいです.(笑)


■現地点で特筆すべき画像たち■
カミオカンデ
昨年11月に大学の主題科目・全学自由研究ゼミナール「素粒子物理学のフロンティア」という授業で岐阜県神岡鉱山にあるカミオカンデなどの研究施設見学に行った.
そのときの写真と説明である.
ちなみに旅の車窓から(2008.11.15)は行きのバスで書いた日記.

Windows7
現在のマシンに仮想的にWindows7をエミュレートしているのだが(これに関連した記事は執筆予定だが公開日未定!苦笑)そのマシンではVistaと異なり日本語だけでなく数式をも認識するらしいので認識させてみた.

量子力学の基本方程式であるシュレーディンガー方程式を書いてみた.
はじめΨ(Psi)を書いた時に大文字を意識するために横線を描いたのだが(これは筆記の際には一般的)どうも認識せず困った.
でも,多くの場合は誤った認識をされてもその文字(群)を投げ縄ツールで選択して他の予測候補に変換することができる.
まだ,行列の一般的表記などをうまく表示できないもののこれらは時間の問題だろう.
タブレットPCの普及も予測される現状のIT市場であることも考慮すれば,TeXが唯一の数式を効率よく記入する方法でもなくなる日も来るのだろう.
(また数式OCRのようなものも開発を期待している)

2009.02.24 火曜日 [ Latest News, サイエンス]

物理・化学・生物・天文に関する雑記

珍しく一日複数記事同時公開.

昨日は物理学会理事で物理チャレンジオリンピック委員のN先生とお会いした.
最近物理チャレンジ関連で動いていることと言ったら同窓会の企画ばっかりで本質的なことにはタッチしていなかったのだが,久々に先生とお会いして物理チャレンジ関連の様々なお話を伺ったり,考えを聞いて頂いたりした.

会話の内容を書くのではなく,久々に広報活動でもしてみようかと思い日記を書いた.(笑)

物理チャレンジは高校生(20才以下で大学にまだ入学していない人)を対象とした物理の能力を競う大会だ.
高ニ以下で優秀な成績をおさめた場合,国際物理オリンピックの代表候補になれるという特典もある.
今年の物理チャレンジでもう開催5回目になる.
開催都市は茨城県つくば市.
毎年物理チャレンジの開会セレモニーの際の特別講話があるのだが,今年は2008年ノーベル物理学賞受賞の小林先生か益川先生がいらっしゃるかもしれない.(現在まだ調整中)

そんな物理チャレンジ本戦に参加するには参加申し込み書を,学校か上記リンク先の物理チャレンジオフィシャルページから入手し,第一チャレンジ(予選)の筆記試験と課題実験レポートの提出が必要となる.
しかも,今年の実験課題は取っ付きやすく,奥が深い実験なのでとても面白いとおもう.
(物体の反発係数の測定またはお湯の冷め方についての実験と考察を行うという課題)
周辺に物理好きな高校生がいたらぜひこのコンテストを紹介してほしい.


■さて,物理チャレンジだけでなく,今年は国際生物学オリンピックがつくば市で開催される.
僕は生物学とはあまり深い縁があるわけではないが,でも国際オリンピックが日本で開催されるのはそうめったにないことだ.
(日本大会開催は珍しいというのに来年は東京で国際化学オリンピックがあるが)
なのに,ほとんどニュースとかで報じられない.(まだ現地点でテレビ放映されたのは一度だけ?)
ニュースを見ると何年も先のあるのかないのかわからない東京オリンピックについての報道は今でもしょっちゅうあるというのに,なぜ今年の生物学オリンピックの報道はほとんどないのだろうか.
日本社会全体が持つ科学オリンピックへの興味がまだまだ薄いのだろう.
他人事のようにこれは物理の話じゃないから,などと言って生物学オリンピックがメディアに報じられない状況をみすみす見逃すわけにはいかない.
僕がいま関われるのは主に物理と化学だが,これらのオリンピックを筆頭にもっと知名度を上げていく努力をしなくてはならないだろう.

世界天文年もあまり広報をしている様子がない.
正月のテレビ放送では世界天文年のことを報じていたが,最近では全然報じられていないのだがいったいどうしたことだろうか.
そういえば,国際的には天文学オリンピックというのがあるのだが,日本はいまだに参加していない.(天文学会が主催しないつもりであるが,他に天文学オリンピックを主催するような団体があらわれないため)
どこかの私営団体あたりが天文学オリンピックを主催するNPO法人をつくって主催すればいいのに...


■日本物理学会主催「ノーベル物理学賞受賞記念講演会」が,3月29日、14時より立教大学池袋キャンパスにおいて開催される.
申込みは往復はがきで2月27日必着のようだ.
滅多に聞けない講演会だ.
興味のある人はぜひ申込をしましょう.

当日,お手伝いの仕事を頂いて,(ノーベル賞受賞の)先生方のすぐ近くまで近づけるといいなぁ.笑


PS
ついでなのでもうひとつ記録ついでに書いておこう.
ノーベル賞を4人の先生方が受賞されたので,それらのことを記事にした雑誌を一冊くらい購入しておこうかと思い,丸善出版の「パリティ」という物理雑誌を購入した.
(そういえば,この雑誌の編集長の孫が僕のバイト先の先輩であり大学の先輩であったということはついこの間本人から聞いた.あと,編集員の一人が一学期駒場で宇宙科学を教えてくださった国立天文台のS先生だ.やっぱり世間は狭いなぁ.)

このパリティの読者プレゼントが理科年表であった.
10年くらい前の理科年表は持っていたので新しく買うほどでもないのかな,と思っていたちょうどその矢先にこの読者プレゼントに行き当ったので,すぐに葉書を申し込んでみた.

1か月くらいしたのだろうか,つい先日突然丸善から理科年表が送られてきた.
あまり頻繁に理科年表を使うことはないけど,手元にあると意外と読んでて面白い理科年表.
プレゼント送付してくださりありがとうございました!

(受け取ったと瞬間「ひょっとして,これは送りつけ商法(悪徳商法)なのではないか?」などと疑ってしまったことは秘密にしておこう.笑)

ジアゾ化反応

旅行の記憶とかはそうすぐには忘れないが,科学技術館のサイエンス友の会の実験補助の話は忘れないうちに書いておこう.
一昨日(2/22)は久々に科学技術館に行った.
サイエンス友の会「合成染料を作ろう」という実験講座の補助をするためだ.

基礎実験で利用した白衣と安全メガネを持って行ったが,結局あまり汚れることはなさそうだったので白衣は使わなかった.
今回合成した染料は「オレンジII(アシッドオレンジ7)」というオレンジ色の物質.
詳しくはこのページなどを参照.

実験の手順としては,
・あらかじめ2-ナフトール(今回の溶媒はメタノール)を生地にあらかじめよく染めておく.
・別槽でスルファニル酸((HSO3)-(C6H4)-(NH2):p-スルホン酸アニリド(?))を亜硝酸ナトリウムでジアゾ化しておく.
・生地をスルファニル酸ジアゾ化物水溶液(氷冷)に漬け込み,生地に染まった2-ナフトールをジアゾカップリングしてオレンジIIを合成させ,生地を染める.


実験はゴム手袋をしながら実験したのだが,生地をできるだけ濃く染めるためにはよく染料の中でもまなければいけない.
そのため,時々ゴム手袋が破れてしまった子がいた.
僕も一回午前の講座の際に(午前午後と2回講座を行った)左手親指部分が破けてしまったため,親指がきれいなオレンジ色に染まってしまった.
染料はスルホン基(硫酸基)がついている酸性染料だったのを思い出した僕は,昼休みに薬品棚から炭酸ナトリウムを取り出し,50mlビーカーに適量加え水和させた溶液に親指を入れてごしごししていたらある程度染料を溶かすことができた.
(もちろん炭酸ナトリウム溶液は強塩基なので指のたんぱく質も加水分解して溶かしてしまうわけだが)

染料を合成する実験は目で見て楽しいのでまた別の染料も作ってみたい.


さて,2月の友の会の教室補助は来週の「金属探知機を作ろう」なる講座も担当する.
久々の電子回路だが,いったい小学生が作ったむちゃくちゃな回路を一目見てどの端子を付け間違えているのか判断することができるだろうか.
最近全くはんだごてを握らない生活になってしまったため,電子回路を見る能力は衰えているのかな...