Archive for 11月, 2008

2008.11.29 土曜日 [ Latest News, 大学]

駒場祭報告

先週22,23,24日の駒場祭は充実した3日間であった。
が、同時に疲れる3日間でもあった。
前回の日記にも書いたが、僕のクラスは炭火で豚のタン焼きと生ビールを販売した。
店は新館前ステージという場所の横で、沢山の人が集まるところではあったが、ちょっと道がそれたところでもあるので、集客には大変なことも多かった。

とは言え、予想以上にたくさんのお客さんが来てくれたことに感謝している。
しかも、何度も買いに来てくださるリピーターの方(保護者だけでなく一般の方も)も何人もいたし、
自宅からマイ団扇を持ってきて、炭火を一緒にあおいでくださった方、
集客を手伝うから、と言って安値交渉の末、われわれと一緒に、何人も通行した来場者を連れてきてくれた、ほろ酔いでノリノリだった教育学部4年の5人組みの方、
お互いサービスしあった、隣の模擬店のメンバーの方々。
初対面ながら、沢山の人と打ち解けて、一緒に店や駒場祭の雰囲気を盛り上げたことは(言いすぎ?)、自分自身店番をするモチベーションを上げられたし、滅多に得られない経験をすることができたと思う。本当にありがとうございました。

そして、おかげさまで駒場祭のフィナーレで駒場グラン・プリー A模擬店部門 第一位を獲得することができました。
投票についてだが、クラスのメンバーに自分の企画に投票するようにお願いしたし、この日記上にも投票用のアドレスを公開する、ということをしてはいる。クラスのメンバーが自分の企画を投票するのはどこでも当たり前だし、前回の日記のアドレスに投票してくださった方もたぶん僕を応援してくださってのことだと思う。
しかし、それだけでは駒場グラン・プリーで一位にはなれなかっただろう。
やはりそれには通りがかって偶然われわれの店に立ち寄ってくださった一般の方々の賛同あってのことだと思う。

充実した楽しい3日間と、駒場グラン・プリーを与えてくださってありがとうございます。
絶対に内輪な祭りにはしたくない、という企画代表者・副代表者の意図を、具現化できたことを誇りに思っている。


そういえば駒場祭ではわれわれの模擬店は企画の内容としても特殊だったようだ。
タン塩焼きを販売するのは我々だけだったし(というか肉を焼く企画自身あまり多くない)
見る限り「氷冷式ビールサーバー」を用意して生ビールを販売する企画は僕のクラス以外見当たらなかった。
肉を仕入れるために地元の市場や、東京の市場、また業務用品を取り扱うスーパーマーケットの精肉加工部の方には大変お世話になった。(副代表者の僕は肉担当)
ビールを仕入れるためにも酒屋さんの方にもおまけしてもらったり、あまった樽は引き取ってくださる、駒祭の途中でのサーバー不具合にすぐに対処してくださるなど本当にお世話になった。(酒担当は代表者)


駒祭期間中、久々に会った知り合いなども多かった。
もちろん何人か友人を駒場祭に呼んで、一緒に様々な企画を案内したりもしたが、それ以外にも何人もの知り合いと会った。
高校2年の時のクラスメート(全く連絡取っていなかったのに偶然テントの前で遭遇!)や、小学校中学校の同級生(当日になって来ると連絡をくれた)や、物理チャレンジで今年知り合った後輩や、高校時代の塾で2,3度しか話したことが無かった人ともテントの前だけでなくキャンパス内のいたるところで遭遇して、話が盛り上がった。

2年生になるとクラスで大学祭に参加することは少なくなるのだが、出来ればまたクラスなどで模擬店や発表などをやりたいと思う。


(ちなみに唯一の駒祭でのデメリットと言えば、あまりに友人に会いすぎて他の展示や講演会を聴きに行く余裕が無かったことである。苦笑)


12月2日追記
駒場グラン・プリーの賞品は学士会ワイン(赤白各5本)だったのだが、渡す賞品がおかしすぎる。
なぜなら、僕のクラスは半数以上がまだ10代だというのに(笑)
とはいえまぁ、今度のクラスの飲(以下略)


《駒場祭の写真たち》
駒場祭に遊びに来てくれた中学時代の友人Y.N.が,駒場祭の様子を写真に撮ってくれた.
写真はこちらにいくつか掲載してある.

2008.11.22 土曜日 [ Latest News, 大学]

駒場祭一日目

駒場祭一日目が終了した。
前に試食会をした時の食材を購入しに行ったのも、今朝販売用の肉をとりに行ったのも、朝早くのことだ。家を6時半過ぎに出て、7時には地元の市場につき、そこで肉を購入するのだ。

前回はクラスメイトのS.N.(隣の駅に在住. N高校出身者がほぼ100%を占める寮に住む)と、調味料とともに、買いに行った。
この日は市場で待ち合わせたので、僕はひとり朝の大通りをロードバイクで高速走行。
さむい。。。。
市場に着いた時には耳の奥(外側でなく)がずきずき痛かった。
こまめなブレーキ操作で手を動かしていたからか、指は問題なく動いたのだが。

今日はまたまた隣の駅に住む、T.S.(自宅生)とともに注文してあった15kgの豚タンを購入しに行った。
水曜日の試食の時と、何も変わらない。
※市場の行き方をしらなかったので、駅で待ち合わせて一緒に行った。

ただし、T.S.が、自転車のタイヤの空気が抜けていることに気付かずに、重い思いをしながら市場までこいでいったこと以外は(爆)
まぁ、話によると、僕がやすやすと自転車をこいでいるというのに、自分は自転車ごときで疲れ切ってしまっている、ということに少しプライドが傷ついたとか、なんとか。 ただ体力の問題ではなくて、要はタイヤの空気の問題だったのだが。(笑)
帰りは市場の守衛所で空気を入れさせてもらった。ありがとうございます。

店自身の売り上げについてはまた24日終了後に書きたいと思う。
場所は900番講堂という大講堂の北側で、新館前ステージという場所の南側にある。
時間があればぜひ立ち寄りください!

(お願い)
ちなみに、駒場祭では駒場祭グラン・プリーという、企画人気投票があり
これはe-mailか、もしくは入り口で直接投票できます。
×××××(駒祭終了につきアドレス消去)
に空メールをおくるだけで投票ができるらしいので、
気が向いたら、この日記を読んだ方で僕の企画を投票してくださる方がいれば投票メール送ってくださるとうれしいです(笑)

↑おかげさまで模擬店部門で駒場グランプリー1位を取ることができました!
ありがとうございます。
詳しくは次の日記をご覧ください。

2008.11.19 水曜日 [ Latest News, 大学]

豚タン

突然であるが、今週末は大学祭だ。
東大では5月末にあった五月祭(本郷キャンパス)と、11月末に行われる駒場祭(駒場キャンパス)が大きな二つの行事だ。

東大というと、安田講堂のある本郷を想起するが、駒場キャンパス、柏キャンパスというものが重要な大学のキャンパスだ。
駒場は、大学に入学した生徒がまず(少なくとも)最初の一年半の間教養学部前期教養過程という形で、駒場キャンパスで講義を受ける。

こんなことはどうでもいいが、つまり、駒場祭は(もちろん研究室の研究発表などもあるが)年齢層が五月祭に比べて約2才くらい若い。(と思う)


僕のクラスでも五月祭に引き続き模擬店を出店する。
「豚タン焼き」と「生ビール」だ。
まぁ、後者はノーコメントとして(苦笑)、前者は模擬店の中では珍しい品物だ。
クラスの中で案が上がり、投票で圧倒的大差をつけて勝利したのだが、にしてもこれはチャレンジである。
生肉(しかもあまり大量消費はされないような部位)を扱うわけで、管理はとても大変だ。
3日間の大学祭であるので、販売できる量も未定だ。(しかも買い足しはほとんど不可能)
今回は、僕の家の近くの市場で直接数十kgのタンを購入するのだが、輸送も保存も大変だ。
(五月祭の際の小麦粉騒動に似るつらさ(?)がある笑)
ちなみに舌の本数にして200本になる(汗)

しかし、立地は、集客力のあるステージ(新館前ステージというところ)と、大講堂(900番講堂という)のはさまれた部分にあり、人の流れはとても多いだろう。
当日店のクーラーボックスに入れる肉の量は出来るだけ少なくしたいので、こまめな在庫管理が必要となるだろう。
企画の副代表者になってしまい、とても忙しいのだが、あと2日だが準備を頑張りたいと思う。




それに先立って、今日はクラスメートのS.N.と僕の家でタンの試食会をした。
焼きすぎると、いつも食べる豚肉と大差なくなってしまうようだ。
焦げないようにしなきゃならないことがわかった。

明日朝材料を本注文する。

2008.11.15 土曜日 [ Latest News, サイエンス, 大学]

旅の車窓から

突然ではあるが、この土日(15,16日)に岐阜県の神岡にある神岡宇宙素粒子研究施設を見学する。
大学の「素粒子物理学のフロンティア」という授業で神岡まで施設見学に行くのだ。
しかもうれしいことに、交通費(往復のバスチャーター代)は学校持ちのため、一泊の宿泊費だけを用意すればいいという、とても金銭的にうれしい見学会だ。
今晩、富山側で一泊し、翌朝日曜にバスで旧神岡鉱山内にある実験施設(カミオカンデなど)に向かう。

今は行きのバスの車内でノートパソコンを開き、やらねばならないことをすませながら、日記を書いているところだ。

参加者は希望者25人ほどであり、バスの中はそこそこゆったりしている。
集合は(何故だか)新宿西口のバスターミナルだった。
が、集合の時点で早速友人M君が遅刻した。(笑)  
電話で話してもお互いの場所が分からなくて、埒が明かないので新宿西口改札で待ち合わせをすることになったのだが、彼は走りまわって疲れ果てていたようだった。(笑)
偶然、M君と一緒に迷っていたN君という人とも知り合うきっかけにもなった。
N君は今僕の右横で腕組みをして寝ている。

ちなみに外は薄暗くなってきた(現在時刻16:55)
碓氷峠を越えてからしばらくは天候が不安定で雨が降っていたのだが、今は気温が低い以外には特に問題はないようだ。

さて、妙高SAに到着したようだ。休憩してこよう。
(富山へ向かうバスの中からの日記)

・・・
先ほど、夕御飯を食べに行った後、先ほど宿についた。
日記更新は、家に帰ってからやろうかと考えていたのだが、パソコンを立ち上げたら、公衆無線LANにつながったのでとりあえず現状報告をしてみた。

明日帰りのバスで、神岡見学の報告を書けたら書きたいと思う。

2008.11.13 木曜日 [ Latest News, 大学]

多忙

久々の日記を書く。
忙しさは過去最悪の状況だ。

大学に入ってから睡眠時間が極めて短い。
受験前はちゃんと7時間は家で毎日確保していたというのに、昨日までは毎日5時間前後しか睡眠していなかった。
僕は基本的に、寝ないと生きていけないと言っても過言でないほど寝ないと体力が持たないタイプなのだが、最近は酷い生活だと我ながら思う。
5時間しか睡眠しない朝は電車内で吊革にぶら下がって寝たり、ドアに寄りかかって寝たりしている。
電車に乗って定位置を確保して目を閉じた瞬間、すぐに眠りに落ちる。

とはいえ、ドア脇の場所を確保した場合、眠りながら膝ががくがくなってしまい、どうも都合が悪い。
しかも膝をガクガクさせるたびに、ドアに頭を思いっきりぶつけている。
最近頭痛がひどい理由はそのせいだと思う(笑)
帰りの電車でもそうだ。


でも、授業は今のところ休まず出席して、殆どの授業で起きている。
本当はつまらない授業で寝てもいいのだが、まだ何とか緊張感のおかげで目を覚ましたままでいられるようだ。

なぜ忙しいかというと、クラス関係の仕事が多いからだ。
試験対策委員長であるので、先日までクラスメートに担当科目を割り振っていたし、今週あたりからは駒場祭(11月22,23,24日に開催される、東大駒場キャンパスの学園祭)の準備で忙しい。
こんな時間まで起きてしまっているのも駒場祭の準備があったからだ。
(現在時刻11月12日29時2分)

自分で選んだ生き方だから仕方ないと言えば仕方ないのだが。

ぁ、明日1限から授業なのに大丈夫か!?
頑張って起きて登校してきます!


ということで、近況報告終了~
書くことが山ほどあるのに書けないのは残念であるが、もう書く体力と時間は残っていない。

次日記を書くとしたらいつになるのだろうか。
多分駒場祭終了後になるかと思う。

2008.11.03 月曜日 [ Latest News, その他]

全日本大学駅伝

一昨日、駅伝があった。
今更なのは、最近自分が情報を集めていないせいで情報が遅いからか。

早稲田大学の駅伝で第一区を走ったのは高校時代の同級生である。
将来的には彼が駅伝に出る日も近いだろう、と感じていたが、大学入って一年目にして友人が出たのはすごい驚いた。

生中継で見れなかったのは残念だ。
正月の箱根駅伝こそは生中継で(というよりも現場で)見てみたいものだ。


そろそろ、僕の周囲の友人たちが社会の表舞台に現れはじめてきたようだ。
周囲の友人たちを応援しつつ、自分もどのような分野にしろいつの日か活躍できるように努力していきたい。

そのためには、規則正しい生活をしなくては!


(ここ数日、日記の長さを短くしてみたが、どうだろうか。
前回の日記の続きも書いていないのに次々と新しい話題を提起してしまうので、書く側としては何を書いていないのかよくわからなくなってきた。笑)

2008.11.02 日曜日 [ Latest News, サイエンス]

友人宅泊

週末は睡眠不足になりやすい。
この三連休もそのようだ。

10/31(金)は、授業後塾で一緒だったメンバーと、去年まで塾の数学講師をされていて、今年から東京大学大学院数理科学研究科に戻られた、僕らの先生でもあり、先輩であるM先生と集まって夕飯を食べた。

本当ならば、高校時代僕らやM先生の数学の先生であり塾長でもあるF先生とも一緒にお食事をしたかったところであるが、残念ながらF先生は都合が合わず一緒に夕ごはんを食べることはできなかったのだが。

しかし、M先生と一緒に食事をして久々に数学の話をみっちりと聞けた。
新宿のサイ○リアで夕飯を食べたのだが、5人の集団が数学の議論をしているのは異様な光景であっただろう。
というより、注文の際に、「メニューのピザのページにあるピザを1枚ずつ」と頼んだのも印象的だ。
(現在ニュースでも話題のピザであるが、もう在庫が切れている、ということで注文を断られてしまったのだが。)

数学の議論としては、無限次元空間での関数の挙動についての話である。
次元が無限にあるとした空間の中での関数についての議論は、本当に難しかった。

専門的な話になるが、
有限次元でたとい収束する関数を考えたとしても、成分が無限個あることで収束せず発散してしまったり、連続性が簡単に失われてしまったりする。
一問M先生にある条件を充たす無限次元関数を探す宿題を出されたが、まぁ、どちらかというとパズルゲームに近いものであるが、大変面倒な問題だ。
何か面白い関数を思いつけばいいのだが。。。

結局新宿駅でもダラダラしてしまい、新宿を出たのは11時半すぎ。
M先生と別れた後残り4人は、4人のうちの一人であるS君の家に行くことにした。(コインを投げて表が出たので決定した:笑)

そういえば、高校の合唱部の定期演奏会の後に、卒業した同期で友人の家に一泊しに行ったぶりだな。とかと思いつつ、歯ブラシやコンタクト洗浄グッズを持ってき忘れたことを後悔。
(ちなみに僕の装用するコンタクトレンズはしっかりとしたハードレンズで最高1週間つけてもいいことになっているらしいのだが。)

余談になるが、コンタクトレンズを外したのは翌晩24:15なので、合計して40時間30分近くもコンタクトレンズをつけたまま生活したようだ。
最長記録。

S君の家には突然行くことを決定してしまい迷惑をおかけしました。にもかかわらず,やさしくしてくださったご両親に感謝です。
彼の部屋では数学や物理の話をしたり、PCをいじったりテレビを見たり、本棚にあった「もやしもん」という漫画をずっと読んでいた。
今日は眠いので「もやしもん」についてはまた後日別の日記に書くことにする。