Archive for 8月, 2009

2009.08.30 日曜日 [ Latest News, 旅行]

中国旅行

今、北京のホテルから日記を書いている。
以前から、仲のいいクラスメートとともに中国旅行を計画していたからだ。
今日の午後14時(現地時間)に到着し、なんだかんだ16時くらいにチェックインをすませ、その後淸华(せいか)大学と北京大学を見学したりした。

明日以降はツアーにどうこうして万里の長城などを見学する予定だ。
写真もアップロードしようとも思ったが、使っているPCにFTPがインストールされていなかったのでまた後日(出来ればの話だが)アップロードするつもりだ。

2009.08.17 月曜日 [ Latest News, 旅行, 移動手段]

普通免許

(関連記事運転技能検定

昨日やっと自動車免許を取得した。
入校が5月19日
仮免許取得が6月16日(多分)
卒業検定合格が7月19日

・・・そして運転免許交付が8月16日

なんだかんだで三ヶ月もかかってしまった(笑)
忙しくなければ7月中に試験を受けたかったのだが、期末テストに、バイト、物理チャレンジ、そしてまたバイトと忙しすぎたようだ。

ところで、今回試験会場に返納すべき仮免許証をもっていき忘れた。
親に頼みわざわざそれを持ってきてもらうほど大げさなことになってしまった。。。

しかし、どうやら仮運転免許証は、試験場に持ってき忘れた場合は、あとで地元の警察署で返納をすることが出来たらしい。
まあ終わりよければすべてよし、ということでとにかくホッとしている。

免許を取ればすぐに運転をしたいもの。
今日は家族で八ヶ岳に来ている。
前の日記に書いたように、地元のレンタカー屋さんでホンダのインサイトを借りた。
(もともと旅行の予定をしていたわけである。だからこそ昨日までに免許取得をしなければならなかったわけだ。)
父親と僕で途中途中交代しながら運転練習をした。

中央高速道路では、談合坂から運転し笹子トンネルも走った。
左車線を走ったのだが、トンネルの壁の威圧感は予想以上に大きいことを実感させられた。
気を抜かずに明日以降も運転練習をしたい。

ところで、ホンダインサイトについてであるが、そもそもプリウスと比較することはあまり意味がないんだなあと実感させられた。
エコカーというカテゴリーでは同じであるが、ホンダは基本的にエンジンで走る、という趣向が強い。
ステータスとして車を購入する人にはプリウスのほうが、モーターで走っていることを強調しているので、そちらのほうがよいだろう。
しかし、車を走らせたいと思う人にとってはホンダインサイトのほうが面白いかもしれない。
エンジンが1300ccな割にはとても力強く、山道を走ってもまったく困ることはなかった。

これからペンションの夕飯なので、今日の日記はこれくらいにする。

2009.08.15 土曜日 [ Latest News, その他]

演劇

日記に書きたいことはたくさんある。
いつもだらだらしてしまって日記を書かず仕舞いになってしまう出来事が多々ある。
しかし、やはりなんといっても書かれなければならないことはすぐに書かれる必要がある。(いくつも書き忘れてはいるが)

久々にテレビを見た。
テレビの電源を入れたらNHK教育テレビが流れた。
どうやらNHKの芸術劇場のようだ。
「池波正太郎・初舞台化作品の見どころ」
という番組の放送がされていた。

一幕の途中から見始めたものの、結局ついさっき終了までこの番組に釘付けになってしまった。
最近の忙しさに忙殺され、日々を生活することだけに精一杯であった僕は最近、感動する心、というものを失いかけていた。
特に4月以降は酷く、演奏会に行ってもすごいなあ、と感じるだけで、感動しなかった。(感動することができなかった、と言うべきだろう。)
何事にも感動できず、あまり物事に自分の内面から前向きになることが出来ず、(外面では前向きであるかのようにしていたのだろうが。)自分自身どうしようもない状況であった。

そんな僕も今日で塾のバイト(夏期講習)は終わりとなり一時的に解放された身であったこともあるのだろう。
やっと本来自分があるべき姿に復帰できた気がする。

作品がすばらしかった。
どんな細かな所作も洗練されていた。(特に剣、杖の扱いや立ち振る舞い)
作品の随所にちりばめられた人生観にも圧倒された。

さまざまな要因があるのだろうが、完全に作品の世界に取り込まれてしまった。

久々に感動したような気がする。
心が洗われた気がする。

明日からは、どんなものに対しても感動することが出来る気がする。
今日はもう遅いので、明日からはこの感動を忘れず、僕自身随所に気を配っていきたい(生きたい)と思う。

2009.08.05 水曜日 [ Latest News, その他, サイエンス]

物理チャレンジ

今年の物理チャレンジは茨城県つくば市で開催された.
高エネルギー加速器研究機構(KEK)の宿舎に泊まり5時間にわたる理論試験,実験試験の開催をし,JAXAや産総研,KEKの見学などの見学会,フィジクスライブと呼ばれる研究者と学生の交流会などとても充実した三泊四日であった.

毎年毎年物理チャレンジは新しい取り組みを行い,面白くなっていっていると思う.
大会運営にあたって,物理学系の3学会の先生方や県庁の方の多大なバックアップがある中で,
今回僕は,大会に参加する中高生と共にに密着して3泊4日の生活をする学生スタッフ(班長)という立場で参加した.
去年も班長として物理チャレンジに参加したものの初めての班長ということもあり,思うようにいかなかった面もあった.
それに対し今年は,去年の反省も活かすことができ,さらに今回は事務的な面も含め新しい取り組みができ,満足している.

あまりに濃密な70時間強の時間は,日記に書ききれないくらいだ. でも自分に対しても,参加者にとってもいい経験になったと思う.
(日記に書ききれないのは,自分がちゃんと日記を更新していないからいけないわけだけど苦笑)

いま,物理チャレンジ第五回大会が終わったばかりだ.
徐々に,メンバーの世代交代が始まりつつある.
物理チャレンジを,常に活発なものにし続けるために,今後は下の代へとバトンタッチをしながら大会運営の手伝いをし続けていきたいと思っている.

せっかく今年も物理チャレンジでいい経験ができ活力をもらったので,これを生かしてこの夏休みをもっともっとエネルギッシュに過ごしたいと思う.