'サイエンス友の会' に関する記事のまとめ

2009.07.23 木曜日 [ Latest News, サイエンス]

皆既日食

昨日7月22日は日本では46年ぶりと言われる皆既日食が観測された。
期末テストがⅠ時間目にあり、また同時に午後にバイトがあったため、日食を見るかどうかは迷っていたところであった。

しかし、前日になって友人A.T.と日食を見ようと言うことになり、わざわざ九段下の科学技術館まで日食を見に行くことにした。
目的は科学技術館の館内にあるシンラドームという全天球の映像が見られるドームで、天文学科の先生の話を聞きながら各地の中継の映像を見ることである。
シンラドームは、以前あったユニバースという映写室を改築した部屋らしく、新しくなってからは一度も行ったことがなかった。
(こちらが日食のイベント案内)

しかし、問題は定員。先着の62人しか入れないということ。
一限のテストを受けてからでは入れないのかもしれないなあと思いつつも、とりあえず科学技術館へA.T.と行くことにした。

行ってみると、入り口付近の売店に、小学生の頃からお世話になった方がいたので、尋ねてみると案の定既に定員オーバーだった。(苦笑)
それでも、なんとかコネが使えないのかなあ・・・なんて思い様々な知り合いの人にお願いしてみたりはしたがやはりNG。
朝7時半から整理券をとるために並んでいた人もいたようだ。
本当に見たい人は、そこまで頑張るのか、と驚いた。
他にも別の部屋ではNHKの放送をディスプレーで放映したり、硫黄島の国立天文台の中継をインターネットで写そうとしていたようだ。
しかし、どうやら硫黄島の中継は、硫黄島のサーバーの不具合で中継不能となってしまっていた。

A.T.以外にもう一人友人M.S.(科学技術館のサイエンス友の会の時代からの友人で、最近大学で偶然に再会した)が来た。
受付で待ち合わせることにしたので、一旦入り口まで戻った。
入り口まで戻ってみると、なにやら技術館の職員が少し慌てている。
話によるとどうやらちょうど外で日食が見えたらしい。
先ほど会った売店の方とともに外に出てみた。
確かにそうだ。日が欠けている。

科学技術館の前から撮影した日食の写真ということで、天気は曇り気味だったものの館内のディスプレーを見る必要もなく直接見られることを知ったので、それ以降3人でずっと科学技術館の正面玄関の前で空を仰ぎ見ていた。
むしろ天気が曇りであったことが運が良かったのであろうか、雲が薄くなると欠けている太陽が肉眼で見るとちょっとまぶしいな、と感じる程度。
雲が全くないような晴天であれば、太陽を肉眼で見ることが出来なかっただろう。
ちょっとまぶしい程度に見える天気なのが興味深い。
ただ、もちろん肉眼では直視できないくらい明るくなる瞬間もあり、時々プリペイドカードの穴越しに太陽をのぞき見た。
(プリペイドカードの穴を絞りとして用いて、光量を調節した。)

写真はA.T.がうまく携帯電話で撮影していて、日記への掲載の許可をもらったのでここに載せる。
確かに太陽が月に隠されている様子を実感できる。
(本当は、日食の撮影のためにデジカメを持っていったというのに、自分は日食を見ることだけに集中しすぎて写真を撮ることを忘れてしまっていたのだ。(笑)


■アフリカ皆既日食(2001年6月21日)
実は過去に一度皆既日食を中継で見たことがあるのだ。
これも科学技術館での話である。先ほど書いたシンラドームの場所に、以前あったユニバース、という部屋で母親と皆既日食を見に行った。
2001年の6月21日のアフリカであった皆既日食で、アフリカからのインターネット中継での日食である。
過去の日記にも日食のことが書かれているのであるが、ほんの一言しか書いていないのが情けない(苦笑)

ただ、この日食を見たときはとても興奮していたことを覚えている。
目の前の大きなスクリーンに、太陽が大きく映し出されており、その太陽が隠れ、ダイヤモンドリングが見え、また現れてくる、という映像は自分自身に大きな影響を与えたのだろう。
今になって知ったことなのだが、あの皆既日食の中継は、インターネット中継技術の実証実験でもあったそうだ。
アフリカという日本と離れた土地から衛星などの通信を介して日本までリアルタイムに映像データを送るという技術は、まだ8年前には発展途上であったのか、と思うと近年の技術革新、グローバル化の勢いはすごいんだなあと実感させられた。

それにしても、もうすこし小中学生の頃から「きちんとした(文章で)日記」を書けたらよかったのだが・・・。(笑)

2009.03.06 金曜日 [ Latest News, その他, サイエンス, バイト]

「はんだごて」と「万年筆」

題名とは関係ないが,そういえば先月(2月)の27日は僕の誕生日(19歳になった)であった.
27日にこの日記に書くべきだっただうが,書き忘れていた:笑


28日には科学技術館のサイエンス友の会の手伝いバイトに行った.
講座は「金属探知機の製作」
動作原理としては,金属片をセンサー(インダクター,コイル)に近づけると,センサーのインダクタンスが変化することを利用するものだ.
  LCR発振回路はコンデンサとインダクタの値の変化で発振周波数が変わる.
  このLCR発振回路の周波数変化を利用して,もう一つのNAND発振回路と信号を重ね合わせて
  生じるうなりを音声として出力する.
  (直接NAND発振回路の周波数を圧電ブザーで鳴らしても可聴域を大幅に超えているため
  うなりを聴く)

小学生向けのキットなわけなので基盤にはシルク印刷で,差し込む場所などが丁寧に記入されている.
手慣れた人はそこそこ部品を差してはんだ付けをするのだが,初めて体験する子供は,差し込む場所が全く分からなかったりするようだ.
電子工作やるなら,小学生のうちからキット以外の工作もしてほしいと思うころだが,どうもそこまでひとりでやろうとしそうな小学生は教室には見当たらなかった.
ちょっと残念かな.

まぁキットを使ってはんだ付けを練習するにはとてもよい教材だったが,(14ピンICやダイオードの取り付けなどもあるから) はんだ付けを失敗する人が続出...
僕ははんだ吸い取り線やはんだ吸い取り機を持ってはんだ回収作業に追われ大変だった.

でも,はんだ付けの失敗だけではなくキット自身の問題もあったのだろう.
ちゃんと組み立てをしているのに動かないものがちらほらあった.
確かに発振回路の周波数が高いため,あらぬところでショートしていた,という可能性も否めないが,それよりも部品の問題もありそうだった.
なぜなら,半固定抵抗器を手で上から押さえるとちゃんと動くのに手を離すと音が鳴らなくなる,など部品内の接触不良としか考えられないような故障がいくつか見つかったからだ.


今回使用したキットは,どうも中に入っている部品のメーカーがセットごとに違う.
ケミコンもセラコンも,ICも仕様は同じでもメーカーが違うようだ.
それは,つまり各メーカーの不良品(誤差が大きくて検査で失格になった製品?)あたりを使ってキットを作っているのだと考えられる.

この教室で講師をされたM先生は
「キットを組み立てて,それが動作しなくてもそれは作った人の責任です,と言ってキットを作るメーカーは言い逃れられる.」
とのこと.
確かにそうだ.と納得.

僕がここで一番言いたいのは,キットを作るメーカーに不良品を入れないでほしい,ということではない.
子供に電子工作をさせたいのであれば「キットははんだごての練習に過ぎない.」
本当に何か作るのであれば自分で回路図を考えて(もしくは本の回路図を理解して)部品を揃えるところから作るべきだし、それが醍醐味だろう、と思う.


■はんだごてについて
前回は久しぶりにまともにはんだごてをもった.
はじめのうち「いもはんだ」気味になってしまったのは,さすがにプライドが傷つけられたなぁ:苦笑
というのも正確にはんだごてをランド(基板上の部品をさすための穴の周りの金属部分)に持ってこれない.
ランドにこて先をしっかり押さえつけないとはんだは融けないというのに部品だけ熱くなってしまうので失敗しやすくなるからさすがにはんだごてが操作できないことには焦った.
まぁ,といっても10分もすれば感覚を取り戻していつもどおり(?)はんだづけをできるようになったわけだが.


どうしてだろうかと考えると,最近の筆記具の持ち方に起因することがわかった.
はんだごては鉛筆と同じもち方をするのだが,部品をおさえたりするのには力をかけなければいけない.
考えてみれば,僕の筆圧が,鉛筆でも時々ノートを破ってしまうのは,このはんだごての癖があるからだろう.笑
しかし,大学に入ってから筆記具が万年筆に移行したため,あまり筆圧をかけないようになっていた.
そのためか,はんだごての力の加え方をはじめのうちは思い出すのに時間がかかってしまったようだ.

そういえば,はんだごては鉛筆よりも若干斜めに倒して使う(横からはんだごてを押さえる)が,このためか筆記具の持ち方もいつも斜めになっていた.
高校生になるまで,鉛筆をちょくちょく利用していたのには筆記具を斜めに持つ癖があったからだ.
シャープペンシルを斜めにもって書くと,芯がよく折れる.
ボールペンを斜めに持って書くと,インクの出が悪くなる.
大学入学するまで,長い間うまく筆記具と付き合えず悩んでいたのだが,大学に入って万年筆(といっても生協で売っている200円のやつ)と出会った.
万年筆はペンを(はんだごて同様)斜めに倒して使う.
これが僕の持ち方にピッタリであったのだ.
鉛筆と同じような書き心地なうえ,鉛筆のように線が太くなったりしないのは大きなメリットだ.
最近は万年筆なしでは勉強できないと言っても過言でないくらいだ.

気分や状況によってはシャープペンシルやボールペン,鉛筆も使うが,やはり万年筆は書き心地がよい.
しかし,期末試験などではどうしてもシャープペンシルか鉛筆を利用しなくてはならず,試験期間中はストレスがたまる一方であまり楽しくない.
鉛筆の場合は芯が太くなってくるし,シャープペンシルの場合は頻繁に芯が折れちゃうから困るんだよなぁー笑

2009.02.24 火曜日 [ Latest News, サイエンス, バイト]

ジアゾ化反応

旅行の記憶とかはそうすぐには忘れないが,科学技術館のサイエンス友の会の実験補助の話は忘れないうちに書いておこう.
一昨日(2/22)は久々に科学技術館に行った.
サイエンス友の会「合成染料を作ろう」という実験講座の補助をするためだ.

基礎実験で利用した白衣と安全メガネを持って行ったが,結局あまり汚れることはなさそうだったので白衣は使わなかった.
今回合成した染料は「オレンジII(アシッドオレンジ7)」というオレンジ色の物質.
詳しくはこのページなどを参照.

実験の手順としては,
・あらかじめ2-ナフトール(今回の溶媒はメタノール)を生地にあらかじめよく染めておく.
・別槽でスルファニル酸((HSO3)-(C6H4)-(NH2):p-スルホン酸アニリド(?))を亜硝酸ナトリウムでジアゾ化しておく.
・生地をスルファニル酸ジアゾ化物水溶液(氷冷)に漬け込み,生地に染まった2-ナフトールをジアゾカップリングしてオレンジIIを合成させ,生地を染める.


実験はゴム手袋をしながら実験したのだが,生地をできるだけ濃く染めるためにはよく染料の中でもまなければいけない.
そのため,時々ゴム手袋が破れてしまった子がいた.
僕も一回午前の講座の際に(午前午後と2回講座を行った)左手親指部分が破けてしまったため,親指がきれいなオレンジ色に染まってしまった.
染料はスルホン基(硫酸基)がついている酸性染料だったのを思い出した僕は,昼休みに薬品棚から炭酸ナトリウムを取り出し,50mlビーカーに適量加え水和させた溶液に親指を入れてごしごししていたらある程度染料を溶かすことができた.
(もちろん炭酸ナトリウム溶液は強塩基なので指のたんぱく質も加水分解して溶かしてしまうわけだが)

染料を合成する実験は目で見て楽しいのでまた別の染料も作ってみたい.


さて,2月の友の会の教室補助は来週の「金属探知機を作ろう」なる講座も担当する.
久々の電子回路だが,いったい小学生が作ったむちゃくちゃな回路を一目見てどの端子を付け間違えているのか判断することができるだろうか.
最近全くはんだごてを握らない生活になってしまったため,電子回路を見る能力は衰えているのかな...

2008.10.12 日曜日 [ Latest News, サイエンス, バイト]

科学技術館 サイエンス友の会

またまた日記を書くのを疎かにしてしまっている。
時間は不可逆なのにこんなにもだらだらと過ごしてしまっていいのだろうか。
新学期も始まったのだからもう少ししっかりとしないと!

12日(sun.)は科学技術館のサイエンス友の会の、教室補助のアルバイトに行った。
忙しいので8月に初めて行って以来まだ2回目である。

小学4年生のころから友の会で一緒で、いまでもよく会うT.K.いう友人がいる。
先日(8月下旬)にまた別の友人のJazzライブに一緒に行った際にこのバイトの話をしたら、すごく興味を持ってくれた。
それ以来彼は3回ほどアルバイトに行っているとのこと。
彼の頑張りようには、やはり驚いた。

僕も頑張らねば、とは思いながらも11月の土日はすべてつぶれてしまっている。
(とくに大学祭が4週目にあるので。。。)
また、12月にできるだけたくさん手伝いに行きたいと思う。

2008.08.12 火曜日 [ Latest News, サイエンス, バイト]

科学技術館 サイエンス友の会

きょうは、科学技術館のサイエンス友の会の実験教室で実験補助のバイトをした。
科学技術館に行くことはとても久々(といっても1か月前にも行ったが。。。)で、やはり小学校のころから行っていた場所であるためかとても懐かしい。
それにしてもサイエンス友の会の実験教室に行ったのは何年振りだろうか。
小6(中1だったかも?)以来行ってない気がする。
もちろんレオナルド・ダ・ヴィンチ教室という、自由に研究、製作をすることのできる教室にはよく遊びに行っていたのであるが。

今回の実験教室は「化学反応の基礎」というもので、サイエンス友の会に入会したての小学3,4年生が主に参加していた。
メスシリンダーや上皿天秤,アルコールランプ(とマッチ)の使い方を教えた上で、あらかじめ用意しておいた溶質を推定させるという実験だ。
具体的には、(生徒には秘密にしておいた上で)塩化ナトリウム水溶液とブドウ糖水溶液を用意し、BTBで液性を見て、硝酸銀試薬で塩化物イオンを見て、最後にベネジクト液で還元性をもつ糖検出をさせ、そこから溶質を推定するという流れである。

で、最後は(普段は絶対にやってはいけないが)「特別試行」と称して溶液をなめさせて授業終了。


実験教室の後、先生方としゃべったり、科学技術館の展示解説のインストラクターと燃料電池の話をした。
インストラクターの方が今度小学生対象に20分で燃料電池の仕組みを説明することになったらしいのだが、20分でどこまで説明すれば納得してもらえるのか、という相談だったわけだが。
結局、どのように説明すればいいかについて、ちゃんとした結論は得られなかった。
燃料電池の仕組みって小学生にとっては難しいもんなぁ。。