'化学反応' に関する記事のまとめ

2009.02.24 火曜日 [ Latest News, サイエンス, バイト]

ジアゾ化反応

旅行の記憶とかはそうすぐには忘れないが,科学技術館のサイエンス友の会の実験補助の話は忘れないうちに書いておこう.
一昨日(2/22)は久々に科学技術館に行った.
サイエンス友の会「合成染料を作ろう」という実験講座の補助をするためだ.

基礎実験で利用した白衣と安全メガネを持って行ったが,結局あまり汚れることはなさそうだったので白衣は使わなかった.
今回合成した染料は「オレンジII(アシッドオレンジ7)」というオレンジ色の物質.
詳しくはこのページなどを参照.

実験の手順としては,
・あらかじめ2-ナフトール(今回の溶媒はメタノール)を生地にあらかじめよく染めておく.
・別槽でスルファニル酸((HSO3)-(C6H4)-(NH2):p-スルホン酸アニリド(?))を亜硝酸ナトリウムでジアゾ化しておく.
・生地をスルファニル酸ジアゾ化物水溶液(氷冷)に漬け込み,生地に染まった2-ナフトールをジアゾカップリングしてオレンジIIを合成させ,生地を染める.


実験はゴム手袋をしながら実験したのだが,生地をできるだけ濃く染めるためにはよく染料の中でもまなければいけない.
そのため,時々ゴム手袋が破れてしまった子がいた.
僕も一回午前の講座の際に(午前午後と2回講座を行った)左手親指部分が破けてしまったため,親指がきれいなオレンジ色に染まってしまった.
染料はスルホン基(硫酸基)がついている酸性染料だったのを思い出した僕は,昼休みに薬品棚から炭酸ナトリウムを取り出し,50mlビーカーに適量加え水和させた溶液に親指を入れてごしごししていたらある程度染料を溶かすことができた.
(もちろん炭酸ナトリウム溶液は強塩基なので指のたんぱく質も加水分解して溶かしてしまうわけだが)

染料を合成する実験は目で見て楽しいのでまた別の染料も作ってみたい.


さて,2月の友の会の教室補助は来週の「金属探知機を作ろう」なる講座も担当する.
久々の電子回路だが,いったい小学生が作ったむちゃくちゃな回路を一目見てどの端子を付け間違えているのか判断することができるだろうか.
最近全くはんだごてを握らない生活になってしまったため,電子回路を見る能力は衰えているのかな...

2008.08.12 火曜日 [ Latest News, サイエンス, バイト]

科学技術館 サイエンス友の会

きょうは、科学技術館のサイエンス友の会の実験教室で実験補助のバイトをした。
科学技術館に行くことはとても久々(といっても1か月前にも行ったが。。。)で、やはり小学校のころから行っていた場所であるためかとても懐かしい。
それにしてもサイエンス友の会の実験教室に行ったのは何年振りだろうか。
小6(中1だったかも?)以来行ってない気がする。
もちろんレオナルド・ダ・ヴィンチ教室という、自由に研究、製作をすることのできる教室にはよく遊びに行っていたのであるが。

今回の実験教室は「化学反応の基礎」というもので、サイエンス友の会に入会したての小学3,4年生が主に参加していた。
メスシリンダーや上皿天秤,アルコールランプ(とマッチ)の使い方を教えた上で、あらかじめ用意しておいた溶質を推定させるという実験だ。
具体的には、(生徒には秘密にしておいた上で)塩化ナトリウム水溶液とブドウ糖水溶液を用意し、BTBで液性を見て、硝酸銀試薬で塩化物イオンを見て、最後にベネジクト液で還元性をもつ糖検出をさせ、そこから溶質を推定するという流れである。

で、最後は(普段は絶対にやってはいけないが)「特別試行」と称して溶液をなめさせて授業終了。


実験教室の後、先生方としゃべったり、科学技術館の展示解説のインストラクターと燃料電池の話をした。
インストラクターの方が今度小学生対象に20分で燃料電池の仕組みを説明することになったらしいのだが、20分でどこまで説明すれば納得してもらえるのか、という相談だったわけだが。
結局、どのように説明すればいいかについて、ちゃんとした結論は得られなかった。
燃料電池の仕組みって小学生にとっては難しいもんなぁ。。