'塾' に関する記事のまとめ

2008.11.02 日曜日 [ Latest News, サイエンス]

友人宅泊

週末は睡眠不足になりやすい。
この三連休もそのようだ。

10/31(金)は、授業後塾で一緒だったメンバーと、去年まで塾の数学講師をされていて、今年から東京大学大学院数理科学研究科に戻られた、僕らの先生でもあり、先輩であるM先生と集まって夕飯を食べた。

本当ならば、高校時代僕らやM先生の数学の先生であり塾長でもあるF先生とも一緒にお食事をしたかったところであるが、残念ながらF先生は都合が合わず一緒に夕ごはんを食べることはできなかったのだが。

しかし、M先生と一緒に食事をして久々に数学の話をみっちりと聞けた。
新宿のサイ○リアで夕飯を食べたのだが、5人の集団が数学の議論をしているのは異様な光景であっただろう。
というより、注文の際に、「メニューのピザのページにあるピザを1枚ずつ」と頼んだのも印象的だ。
(現在ニュースでも話題のピザであるが、もう在庫が切れている、ということで注文を断られてしまったのだが。)

数学の議論としては、無限次元空間での関数の挙動についての話である。
次元が無限にあるとした空間の中での関数についての議論は、本当に難しかった。

専門的な話になるが、
有限次元でたとい収束する関数を考えたとしても、成分が無限個あることで収束せず発散してしまったり、連続性が簡単に失われてしまったりする。
一問M先生にある条件を充たす無限次元関数を探す宿題を出されたが、まぁ、どちらかというとパズルゲームに近いものであるが、大変面倒な問題だ。
何か面白い関数を思いつけばいいのだが。。。

結局新宿駅でもダラダラしてしまい、新宿を出たのは11時半すぎ。
M先生と別れた後残り4人は、4人のうちの一人であるS君の家に行くことにした。(コインを投げて表が出たので決定した:笑)

そういえば、高校の合唱部の定期演奏会の後に、卒業した同期で友人の家に一泊しに行ったぶりだな。とかと思いつつ、歯ブラシやコンタクト洗浄グッズを持ってき忘れたことを後悔。
(ちなみに僕の装用するコンタクトレンズはしっかりとしたハードレンズで最高1週間つけてもいいことになっているらしいのだが。)

余談になるが、コンタクトレンズを外したのは翌晩24:15なので、合計して40時間30分近くもコンタクトレンズをつけたまま生活したようだ。
最長記録。

S君の家には突然行くことを決定してしまい迷惑をおかけしました。にもかかわらず,やさしくしてくださったご両親に感謝です。
彼の部屋では数学や物理の話をしたり、PCをいじったりテレビを見たり、本棚にあった「もやしもん」という漫画をずっと読んでいた。
今日は眠いので「もやしもん」についてはまた後日別の日記に書くことにする。

2008.04.18 金曜日 [ Latest News, バイト]

アルバイト

大学生になって、お世話になった塾のチューターのアルバイトをすることにした。
(※チューターというのは生徒の質問に答える、学生相談係のようなもの)
先日、申請をして何度か書類を交わし、面接もあった。

面接では、(希望科目が物理なので)物理の先生が担当するかと思いきや、
やってきたのは(高校時代に)化学の授業を受け持ってくださったA先生だった。
サプライズな事態に一瞬驚く。

面接は軽く気合を試すためのものだと、気軽に構えていたところ、
「じゃあまずはドップラー効果の公式を証明して。」
といわれた。
与えられたのはマーカーとホワイトボード。

簡単な公式の導出も緊張するとうまくいかないことが良く分かった。
そのあとも、いくつかの事例について基本公式からの導出の説明を求められた。
それでも無事面接は終了した。

明日は、初めて塾に働きに行く。
まずは研修ということで物理の授業の補助をやることになる。
担当するクラスは高二の物理の一番下のクラス。

どれだけ、二つ年の離れた生徒とジェネレーションギャップ(!?)を感じずに、わかりやすく説明できるかが試されていると思う。
すでに、速達で授業のテキストが送られてきている。
自分の、大学でのレポート課題もいくつか残っているが、明日はちゃんと渡された物理のテキストを予習して授業に臨みたいと思う。

2008.04.01 火曜日 [ Latest News, 旅行]

塾の三年間は楽しかったなぁ~物理編~

28日は合唱部の演奏会がありました。
演奏会には塾の友達も10人ほど来てくれ、楽しんでもらえたようで嬉しかったです。
この演奏会で3年生は部活を引退することになりますが、これからも何らかの形で合唱を続けていきたいと思います。

また、30,31日は塾の友達4人とともに自転車で鎌倉まで旅行にいきました。
旅行にはハプニングが必ずあるといわれる(?)ように、今回の旅行もハプニング続出でした(笑)
友達の自転車がパンクして、近くの自転車屋に駆け込んだり、土砂降りの中をびしょびしょに濡れながら目的地に向かう羽目になったり。。。
しかし、このようなハプニングがありそれを乗り切れるからこそ、旅は面白いと言えるのですが、今回はやはり大変でした(笑)

たったの一泊の旅行でしたが、足の疲れがひどい状態です。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

高二のときからずっと塾でY先生という物理の先生の授業を受けていました。
彼は「高校物理の範囲を無視し、出来る限り大学の授業を見据えた物理を教えよう」という姿勢で授業を進めていました。

初めての授業は高校一年(新高二)の春休みで、まだ高校範囲の微積分を一通り終わったばかりだったというのに、線形微分方程式の解法(現行指導要領では高校範囲外)を教えてもらいました。
そのときはあまりに高度すぎる授業で、先生の言っている意味が全くわかりませんでした。(笑)
でも、高二夏休み頃には線形微分方程式が容易に感じられるようになれました。
これは先生のおかげであると思います。

このような、入試に関係ない「発展講義」の授業は高三夏休みまで続き、ベクトル解析や解析力学、相対論、量子論など多岐にわたる範囲を学びました。
でも、やっぱり先生の授業は高度すぎるようで、いまだにテンソルを用いた相対論の説明などは理解しきれていないです。(苦笑)

今は塾のメンバーと勉強会(自主ゼミ)を企画しているので、勉強会で「発展講義」で扱った内容くらいは理解できるようにしたいと思っています。

本当にY先生の授業にはお世話になりました。


PS
それにしても、噂に聞くところによると、
Y先生のぴりぴりした緊張感あふれる授業(笑)を経験していると、大学のゼミが生ぬるく感じられるらしい…
真偽の程は分かりませんが、大学の授業が楽しみです。

2008.03.24 月曜日 [ Latest News, その他]

塾の三年間は楽しかったなぁ~数学編~

大学に合格した後、あまりに忙しい毎日を過ごしているため、僕は殆ど勉強をやっていない状態です。
廃人になりそうです(笑)
4月になったら猛勉強をしなくては、2月下旬の頭の切れ味は回復できないほどボケています。

こんな僕が、高校生のときに勉強を頑張ってこれたのはS○G(数物化)という塾であり、GN○○L○(英語)という塾のおかげです。
特にS○Gにはお世話になりました。

数学の先生(通称:社長)は面白い先生でした。
とにかく、授業(板書)のスピードがはやい!
しかも彼はどんなに難しい問題であっても、予習してこない先生なのです。
それは、あまり良くないことのように感じられるかもしれませんが、難問を解く僕たち生徒にとってはすごく役に立ちました。
というのも、先生が授業中に生徒の前で問題を解くので、先生の試行錯誤の過程やひらめきを直視することが出来たのです。
先生の鮮やかな解法には毎回の授業で目を見張るばかりでした。

もちろん、彼には入試問題を見た瞬間に答えを予想できるほどの実力があるから生徒の前で問題を解けるということは言わずもがなですが。

大学に入って、このような先生とめぐり遭うかはわかりませんが、少なくとも自分は将来、年下の人に数学や理科を教える際に、この姿勢を忘れずにしていきたいと思います。
もちろん、僕の場合は予習をしていかなきゃ無理ですが(笑)

2008.03.23 日曜日 [ Latest News, ]

忙しかった3月21日。。。今も忙しいけど。

21日は予定がぎっしり詰まっていました。
19日から21日まで部活の合宿から朝に帰宅、午前中高校で後輩に今後の勉強についてパネルディスカッション(もどき)をする、その後パネラーだった友達と中学校に受験報告、そして夜は塾の合格祝賀会…
と、多忙な一日でした。

祝賀会ではひょんな事から生徒代表として挨拶をすることになってしまっていたのですが、考えがまとまらず結局ほとんどアドリブで話すことになりました。が、ついつい沢山話してしまったようで、皆に「話すの長かったね」と言われてしまいました。(笑)
できるだけ、簡潔にしようと考えていたのですが・・・
また人前で話す機会があったら、今度こそ簡潔に話せるようになれたらいいなと思う今日この頃です。

祝賀会では、数学のF先生から物理の本「重力と力学的世界:山本義隆著」を頂きました。
嬉しかったです。
今はあまり時間がありませんが、今度ゆっくり読みたいと考えています。

↑祝賀会に行ったときに記念にもらったどら焼きです。
とても美味しかったです!