'宇宙' に関する記事のまとめ

2009.09.10 木曜日 [ Latest News, サイエンス]

H-IIB一号機/HTV

本日26時過ぎ(明日午前2時過ぎ)にH-IIBの初号機が打ち上げられる予定である。
今まで日本の大型衛星はH-IIAロケットが担当してきたが、そのロケットのエンジンの数と燃料の量を増やすことで、より重たいものを打ち上げることを目的としたロケットだ。

しかも今回ロケットに載せるものはHTVと呼ばれるものだ。
HTVは国際宇宙ステーションISSに食料、水、実験装置などの物資を運ぶ輸送手段として期待されている。
しかも、日本の実験棟であるきぼうの船外実験パレットに取り付ける実験器具はこのHTVでしか打ち上げることができない。

今までの打ち上げの多くは学校のある時間帯に打ち上げられていたが、深夜に打ち上げられるのは久々なことだろう。
せっかくなので僕もインターネット中継を見ようと考えている。

2009.07.23 木曜日 [ Latest News, サイエンス]

皆既日食

昨日7月22日は日本では46年ぶりと言われる皆既日食が観測された。
期末テストがⅠ時間目にあり、また同時に午後にバイトがあったため、日食を見るかどうかは迷っていたところであった。

しかし、前日になって友人A.T.と日食を見ようと言うことになり、わざわざ九段下の科学技術館まで日食を見に行くことにした。
目的は科学技術館の館内にあるシンラドームという全天球の映像が見られるドームで、天文学科の先生の話を聞きながら各地の中継の映像を見ることである。
シンラドームは、以前あったユニバースという映写室を改築した部屋らしく、新しくなってからは一度も行ったことがなかった。
(こちらが日食のイベント案内)

しかし、問題は定員。先着の62人しか入れないということ。
一限のテストを受けてからでは入れないのかもしれないなあと思いつつも、とりあえず科学技術館へA.T.と行くことにした。

行ってみると、入り口付近の売店に、小学生の頃からお世話になった方がいたので、尋ねてみると案の定既に定員オーバーだった。(苦笑)
それでも、なんとかコネが使えないのかなあ・・・なんて思い様々な知り合いの人にお願いしてみたりはしたがやはりNG。
朝7時半から整理券をとるために並んでいた人もいたようだ。
本当に見たい人は、そこまで頑張るのか、と驚いた。
他にも別の部屋ではNHKの放送をディスプレーで放映したり、硫黄島の国立天文台の中継をインターネットで写そうとしていたようだ。
しかし、どうやら硫黄島の中継は、硫黄島のサーバーの不具合で中継不能となってしまっていた。

A.T.以外にもう一人友人M.S.(科学技術館のサイエンス友の会の時代からの友人で、最近大学で偶然に再会した)が来た。
受付で待ち合わせることにしたので、一旦入り口まで戻った。
入り口まで戻ってみると、なにやら技術館の職員が少し慌てている。
話によるとどうやらちょうど外で日食が見えたらしい。
先ほど会った売店の方とともに外に出てみた。
確かにそうだ。日が欠けている。

科学技術館の前から撮影した日食の写真ということで、天気は曇り気味だったものの館内のディスプレーを見る必要もなく直接見られることを知ったので、それ以降3人でずっと科学技術館の正面玄関の前で空を仰ぎ見ていた。
むしろ天気が曇りであったことが運が良かったのであろうか、雲が薄くなると欠けている太陽が肉眼で見るとちょっとまぶしいな、と感じる程度。
雲が全くないような晴天であれば、太陽を肉眼で見ることが出来なかっただろう。
ちょっとまぶしい程度に見える天気なのが興味深い。
ただ、もちろん肉眼では直視できないくらい明るくなる瞬間もあり、時々プリペイドカードの穴越しに太陽をのぞき見た。
(プリペイドカードの穴を絞りとして用いて、光量を調節した。)

写真はA.T.がうまく携帯電話で撮影していて、日記への掲載の許可をもらったのでここに載せる。
確かに太陽が月に隠されている様子を実感できる。
(本当は、日食の撮影のためにデジカメを持っていったというのに、自分は日食を見ることだけに集中しすぎて写真を撮ることを忘れてしまっていたのだ。(笑)


■アフリカ皆既日食(2001年6月21日)
実は過去に一度皆既日食を中継で見たことがあるのだ。
これも科学技術館での話である。先ほど書いたシンラドームの場所に、以前あったユニバース、という部屋で母親と皆既日食を見に行った。
2001年の6月21日のアフリカであった皆既日食で、アフリカからのインターネット中継での日食である。
過去の日記にも日食のことが書かれているのであるが、ほんの一言しか書いていないのが情けない(苦笑)

ただ、この日食を見たときはとても興奮していたことを覚えている。
目の前の大きなスクリーンに、太陽が大きく映し出されており、その太陽が隠れ、ダイヤモンドリングが見え、また現れてくる、という映像は自分自身に大きな影響を与えたのだろう。
今になって知ったことなのだが、あの皆既日食の中継は、インターネット中継技術の実証実験でもあったそうだ。
アフリカという日本と離れた土地から衛星などの通信を介して日本までリアルタイムに映像データを送るという技術は、まだ8年前には発展途上であったのか、と思うと近年の技術革新、グローバル化の勢いはすごいんだなあと実感させられた。

それにしても、もうすこし小中学生の頃から「きちんとした(文章で)日記」を書けたらよかったのだが・・・。(笑)

2009.05.25 月曜日 [ Latest News, サイエンス, 大学]

進学振り分け

最近、進学振り分け(通称進振り)について悩んでいる。

進振りとは東大の特徴的な制度であり、世界的にみてもこの制度は特殊なものらしい。
一般的な大学は入学時に法学部であったり医学部、工学部のように志望学科を選択して受験する。
東大は、高校生のうちから専門を決定してしまうのは良くない、という考え方から、大学入って一年半は専門課程に所属せず多岐にわたる分野の勉強をすることになっている。
(彼らはこれをレイトスペシャリゼーションと呼ぶ)

現在僕は教養学部(前期課程)理科一類という場所に所属しており、教養を身につけることになっている。ただ教養教養と叫ばれながらも、実際はあまり深い内容の知識を身につけることが出来ていない。これは結局は残念ながら進振りの制度に問題があるからだろう。

進振りでは、二年夏学期までの成績の平均点が高い順に進学先を選べることになっている。
向学心があり、点数の高い学科に行こうとする人ほどもちろん点数を稼がなくてはならない。
しかし、点数を稼ぐことに躍起になるとどういうことが起きるだろうか。
東大の多くの生徒は、楽をして高い成績をもらえる授業を探そうとする。
新学期になると、学内向けに「教員逆評定」というものがとある出版系サークルにより編集され販売されるが、それをほとんどの学生が購入することになる。
この冊子により皆、成績のとりやすそうな授業を選択する訳だ。
周囲の人間が、出来るだけ楽をして高い成績を取ろうとする訳だから、本当に多岐にわたる分野の勉強をしたいと思う人にとってはとても都合が悪い。
頑張って勉強しても得点の伸びが悪くなってしまうからだ。

しかも、いったん逆評定などで教員の良さが評価されると、その授業に学生は集中する。
人が集中すると教員も、最下層にあわせて授業をしないといけないことになっているので出来るだけやさしく授業をしようとする。
これが悪循環につながる訳だ。
全体として、東大の生徒は成績、という単なる数字に踊らされて、教員に甘えるような姿勢を見せることがある。
そして教員も授業の内容を薄くしていってしまう。
ある意味教養前期課程はモラトリアムであるのかな、とは思いながらもちょっと授業がつまらないなあと感じられることは多い。

とはいえ、専門課程に入ると様子は一変して、がっしりと授業が行われるようだ。
怖いようで楽しみである。


■進学学科選び■
進振りが確定するのは9月である。 この結果で東大生の人生が決まるわけだ。
(同時に、前期課程でずっと一緒であったクラスも解体される)

現在進学で迷っているのは
理学部物理学科
・理学部天文学科
理学部地球惑星物理学科
工学部航空宇宙工学科
である。(理学部化学科工学部物理工学科も考えていないわけではないが)
それぞれの学科に一長一短がある。

先ほど述べたように東大の学内では、人間の評価も、学科の評価も成績の平均点で評価する風潮にある。そのためこの中で最も進振りの点数が高い理物(理学部物理学科)は学生の間では評価が高い。
しかし、入る難易度が高いから、という理由だけで安直に理物を選ぶのは良くない。
高校時代から一緒に勉強してきた周囲の人からは、理物に行くのが当然というように思われているようだが、最近理物へ進学するというモチベーションにはつながっていない。
各学科の教員や研究についてよく調べて、進学先の学科をしぼっていきたいと思う。


■大学・大学院卒業後の進路■
最近、進路のことを考えていると小中学生のときの夢を思い出すようになっている。
なぜなら、
物理をやろうというモチベーションが生まれたのは高二のときの物理チャレンジのときであるが、もともとのScienceに対するモチベーションはもっと以前からあったからだ。
そもそも、どんなことがきっかけで科学が好きになったのかを考えるのは面白い。

小学生のころは、ロボコンをやりたいといっていたのを覚えている。
NHKで大学生ロボコンを見ていたからだろうか。
それの影響もあってか(科学技術館サイエンス友の会の友人の影響も大きかったが)小中学生の頃は電子工作にはまった。
大学に入った際、一瞬ロボコンサークルに入りかけたが、忙しそうという理由で入部を諦めてしまった。
物理チャレンジ系の友人でロボコンサークルに所属しているA.T.くん,S.K.くんもいる。
忙しそうだが、毎日が充実しているように見える。

電気回路について勉強をして電子工作をしたいというモチベーションは未だになくなっていない。
最近はパソコンいじりばかりやっているが、半田ごてをつかった工作をやりたいなと思っている。
(電子工学科に進むという手もあったが、電子工作だけを専門にはしたくはなかったので、ここには進まないつもり。物理学科などに進んでも実験装置の製作は自分の手作業になることは多々あるからいずれ電子工作は必要になってくるであろう。)
それにしてもクラスメートのS.N.くんは最近PICをいじり始めたらしい。
負けてられないなあ。

また、電子工作だけでなく宇宙開発にも興味があった。
現在ではJAXAになったが、かつての NASDA,ISASへの興味が強かった。
ちなみに上に述べた学科はすべてJAXAと大学院で提携しているのでJAXAへの就職の道はどこへ行っても確保されているようだ。
(くわしくはこちら)

宇宙開発への興味といえば、東大航空宇宙工学科の中須賀研究室で打ち上げた小型衛星CubeSatなどを追いかけていた時代もあるし、旧ISAS(現JAXA)のはやぶさプロジェクトに至っては打ち上げられる以前(まだ衛星の名前がMUSES-Cと呼ばれていた時代)から追いかけ続けている。

もう一つ興味があることとしては海洋である。
JAMSTEC(海洋研究開発機構)への興味もあった。
しんかい6500などの潜水艦やちきゅうとよばれる海洋水面下の地層に穴をあけて岩石のサンプルを採取する船などには今でも興味がある。
(そういえばちきゅうも建造される前から追いかけていたんだったっけな。)

小学生のころは今よりもたくさん興味を持っていたのではないかと思えるくらいの興味の幅があった。
将来やりたい研究なども含めて進学先を考えられれば、と思っている。

2008.08.09 土曜日 [ Latest News, サイエンス, 旅行]

物理チャレンジ(零日目~一日目早朝)

さて、今回の物理チャレンジは長かった。
というよりこれほど酷い睡眠不足に陥ったことは初めてだった。

0日目(8月2日)
この日はフィジクスライブ(前日の日記参照)を一緒にやる、東大のメンバー3人とともに夜行で岡山入りを決行することになった。
14時に駒場(東大駒場キャンパス)で集合予定であったが。。


【13:45 出発】
この地点で集合予定時刻に間に合わないことが判明。
どうせ遅刻するのだからと、急がずに駒場に向かうことにする。


【14:30 駒場着】
気づいたら待ち合わせ場所が生協書籍部理学書コーナーになっていた。
書籍部は寒かった。
僕が到着した時点ではまだD.Nくんは到着していなかった。
もともと夜行までの時間に余裕がありすぎなのでゆっくり来ても全く影響がないわけだが。

書籍部で一緒に行く2人と話をしていると、またまた八王子組(IPhO代表候補だった人たちのこと)で、同学年の一人、T.Dくんに遭遇。
どうやら彼は数学のシケタイ(試験対策委員)で、シケプリ(試験対策用補助プリント)を作っているらしいのだが、ひとつ導けない問題があるとのこと。
「いやぁ、n次元極座標表示でのヤコビアンが導けないんだよねぇ」(詳しい内容は略)
ぇ、ヤコビアンはまだ一年生ではやらないだろ。。。(笑)
などと言いつつも数学談義で盛り上がる。

そうこう話をしているうちにD.Nくん到着。
その後フィジックスライブで必要なレジュメ、ポスターなどを製作し(本当はもっと前もってやるべきではあるが。。。)18時ごろ駒場を出発し、東京駅へ。


【19:00 東京駅到着】
列車の発車まであと3時間。
「発車まで統計の授業2コマ分も待たなければならないのか。大変だ。」
などと話をする。
(※駒場の統計の授業はいくつかあるが4人の選んだ教官は同じで、その授業は定理の羅列にすぎず面白みがないということで有名)


【21:30 ホームに出る。】
たくさんの乗客がそれぞれ大きな荷物を抱えながら整然と列を作りホームで電車を待つ。
夜行列車に乗るといつも見るおなじみの光景だ。


【21:55 サンライズ瀬戸号/出雲号到着】
「やっと岡山への移動の半分が終わった」
というのも、集合は14:00で、岡山到着6:27で、総移動時間としては16時間。
そのうち東京出発の地点でもはや集まってから8時間が経過しているわけである。

われわれはサンライズ瀬戸号の4号車へ。
僕は2年前の物理チャレンジの帰り道に一度サンライズ瀬戸号に乗っているのですました顔をして乗車したわけだが、残り3人は予想をはるかに上回る車両のきれいさに興奮している様子。
まぁ、そりゃJRになってから作られた新しい車両だもんな。。

電車はゆっくりと出発。
「慣性力(発車の際、電車後方に引っ張られる力)はわずかに働くように感じるけど、まぁ車内を慣性系(慣性力のない空間)とみれば、僕らが静止してホームが勝手に横に動いているように見えるわけか。」
などとわけのわからないことを言って出発。
気づけばあっという間に横浜着。


【22:30 フィジクスライブの実験ネタ仕込み開始!】
(発車待ちの3時間にやっておくべきだったと後悔。)
途中からは周囲が寝始めたのでラウンジへ。


【2:00 就寝】

【6:00 起床】
初日から目覚ましなしで4時間睡眠とは相当頭がおかしい(笑)
僕は起床したらいくらか車内の写真を撮影した
一方Y.Tさんは、おもむろに紙とボールペンを取り出し、前日尋ねられたヤコビアンの問題を解き始める。(笑)

さて、以下に夜行列車関連の写真を載せる。

サンライズ瀬戸号からの日の出
左図はサンライズ瀬戸号から見た日の出。
受験以降、久々に日の出を見た気がする。


サンライズ瀬戸号車内,窓側から廊下側を見る
室内の様子。
乗車したノビノビ座席は、左右の乗客との間には一部壁がない部分がある。
しかしその分、車内は広々とした印象を受けるし、相互監視のために防犯にもつながっているのだろう。


サンライズ瀬戸号車内,窓横に取り付けられた読書灯,室内灯
窓枠の左上にある二つの明かり。
室内灯と読書灯がある。
2時過ぎてから本を読んだりもしたがその際は読書灯だけを点けていた。


サンライズ瀬戸と出雲の切り離し,切り離し前
岡山駅ではサンライズ瀬戸号(高松行き)とサンライズ出雲号(出雲市行き)の二つが分離される。
連結部分の切り離しは全自動で行われた。
はじめに貫通部(蛇腹のところ)が自動的に格納され、その次に連結部のロックが解除された。


サンライズ瀬戸と出雲の切り離し,切り離した瞬間
連結部が切り離されれば先にサンライズ瀬戸号が発車する。
これは連結部が外れた瞬間。

切り離されたサンライズ瀬戸号,高松に向かう
サンライズ瀬戸号を見送ってから、ホームを後にした。

2008.06.21 土曜日 [ Latest News, サイエンス, 大学]

重力波観測装置

今日は三鷹にある国立天文台三鷹キャンパスに行った。
駒場の宇宙科学Ⅱという講義の受講者のうち希望者だけを対象とした施設見学会だったが、僕は昔から宇宙開発や観測などに興味があったので、この見学会に参加した。
小学生の頃に、野辺山にある国立天文台の45mの世界最大級の電波望遠鏡を見学したことがあるが、当時の僕の知識だと電波なんかで星が観測できるわけない、と思ってばかりいた。
なので、いま記憶に残っていることとすればパラボラの大きさと、本当に観測しているのだろうか?という疑いを持っていた、という恥ずかしい記憶だけだ。
さてさて、他には昔には内之浦射場(鹿児島)や、筑波宇宙センターにいったかな。
たぶんこれらは過去の日記に記録されているはずなので略。。(笑)

先ず講義を受け持っている関井先生という方の専門とする日震学研究室での日震学研究についての説明や、その研究の観測装置として利用する「ひので」という観測衛星の話を伺った。
(日震学とは、地球の内部構造を地震波を用いて解析するように、太陽表面を伝わる周期的な波を分析することで太陽内部を調べよう、という研究)
ひのでという観測衛星は2006年に打ち上げられた衛星で、太陽を様々な波長から高解像度のカメラで動画を撮影することで、ある太陽表面での出来事を様々なアプローチで解析しているらしい。

  そういえば、全く関係ないのだが、その説明の際に先生は、
  「太陽の表面はグラニュールという味噌汁が煮立った時のような構造をしている。」
  と表現したのだが、「味噌汁を煮立せてはマズイ」のでは?(笑)と思った。
  しかし実際にグラニュールをみてみると、確かにそのとおりだった。
  日本人としては、味噌汁を沸騰させたくないが、表現の上では仕方ない。というわけか。。。


次にすばる望遠鏡で研究されている、児玉先生の話を伺った。
すばるの話も面白かったが、それ以上に僕が驚いた天文物理のお話を。(マニアックかも?)
今、この宇宙には4つの力のみが存在すると考えられている。
重力、電磁気力、強い相互作用、弱い相互作用、の4つである。
前者二つは無限遠点まで力が及ぶのに対して、後ろ二つの相互作用は、原子核の中でしか作用しない、本当に近い粒子同士に働く力である。

今、宇宙の進化の過程のシミュレーションを行うとする。
このとき、複数の力についての方程式を立てると計算量が膨大になるので大変である。
このとき何の力に注目して計算すればよいだろうか?
もちろん、重力と電磁気力となるが、どちらか、と言われたらどちらを選択するだろうか。

物理の世界では、重力よりも電磁気力のほうが桁違いに引力の大きさが大きい(引力の式に現れる比例定数が電磁気力のほうがとても大きい)ので、僕は、電磁気力に重点を置くべきではないか、と考えたのであったが、間違えであった。
電磁気力は+と+や-と-の間では斥力を及ぼしあうが、一方+-の間では引力を及ぼしあう。
重力には負の質量というものがない(と考えられる)ので、斥力は存在せず、引力だけを及ぼしあう。
宇宙スケールでの物体の運動を考えるときには、電磁気力の作用は無視できることになる。
なぜなら、+の粒子と-の粒子はほぼ一様に分散していると考えられ、星や銀河同士ではそれらの引力、斥力が打ち消しあい、結局電磁気力がないように見えてしまうからである。
それに対して、重力は打ち消すものが存在しないため、十分離れた、と思えるような銀河からもほかの物体が影響を受ける。

だから、最近スパコンで宇宙の進化の様子のシミュレーションなどを計算しているが、これらは重力だけを星間の相互作用として計算機を走らせているらしい。
宇宙を議論するには、やはり重力の効果は大切なのだと思い知らされた。


重力がらみだが、3つ目には三鷹天文台でもしっかりとした観測のできる、観測装置の重力波観測装置(TAMA300)を見せてもらった。
これは、アインシュタインの一般相対性理論の帰結として導き出された、「重力波」というものの存在を証明する装置である。
しかし、この装置、超新星爆発やブラックホール同士の衝突などといった、宇宙でもあまり起こらないイベントが起きないと観測できないようなそうちでもある。
近く(調布駅までバスで15分もの距離だが)を走る京王線の揺れにさえも検出してしまうらしい。
そのため、この装置もバックグラウンドノイズが大きく、コンピューターと人間の能力を駆使して、ノイズと必要なデータの分別が必要となる。
ノーベル賞受賞者の小柴さんの実験と同様、観測データの分析がとても大変なようだ。
重力波観測装置の概要
さて、この装置の様子を図示してみた。
(画像ソフトで書けばいいのだが、新しいスキャナーを買ったこともあり、それを使いたくて手書きで書いてみたものの字が汚すぎますね。すみません。。。)

物理をやっている人にとってみればわかるとおりこれはマイケルソンモーレーの実験装置そのものである。
皮肉であろうか、特殊相対性理論以前には宇宙全体にエーテルという光の波を伝える物質があって、その中を地球が通るため、地表面にはエーテル風という風が吹く、と信じられていたのだが、それを証明するためにマイケルソンとモーレーという人の行った実験である。
この実験は失敗し、当時光の速さはわずかに異なると信じられていたので驚くべき事象であった。
世界中の物理学者はそれでもエーテルがあると考えていたらしいが、これは失敗でなく「光速不変の原理」だ、と述べ特殊相対性理論を生み出したのが、天才物理学者といわれるアインシュタインである。
というのに、今度はマイケルソンモーレーの装置はアインシュタインの一般相対性理論の証明に用いられようとしている。
なんという皮肉であろうか!(笑)
(ただ、装置が同じだけで、今度の場合エーテルの存在の証明ではなく、重力波により空間が歪むことを証明する目的であることは注意が必要。)

この実験は光の干渉を利用してその干渉縞のずれを観測することで、時空の歪みを計測しようとしているわけであるが、観測装置はなんと300mのトンネルが直角に二本掘ってあり、この中を超高真空の直径40cmものパイプが通っている。
150mほど歩かせていただいたが、とにかく長い!
すごい大がかりな観測装置である。

約1μmの波長(赤外線)のレーザー光をさらにモードクリーナーという装置で厳密に波長の長さをそろえて装置に打ち込んでいるらしい。
入射レーザーの明るさは10W。
電球にしては暗いと思うかもしれないが、レーザーポインタ一本が1mWで、光線の太さは同じくらいである、ということから考えると、つまりレーザーポインタの一万倍の明るさの光が常に装置の中に打ち込まれている。
まぁ、半径数ミリの範囲に毎秒数十ジュールもの熱量供給がなされる、という見方ができ、どう考えてもこれは恐ろしいエネルギー供給だと実感できるだろう。

さらにこの実験装置の素晴らしいところは、光を再利用していることだ。
反射板に入射するまでの光線を赤色で書き、反射板で反射した光線を青色で書いたのだが、光分配器を通過した光は二方に向って分岐される。
しかし、うまく距離を調整することで、干渉がない間は空間の歪みが起きない限り検出器側に光が漏れないように作ることができる。
そうすると、空間の歪みが起きた時に、突然明るい光が検出器に現れて空間の歪みが観測できるだけでなく、光を再利用できることに利点がある。
光分配器でのエネルギーの収支が一定なことから、検出器にほとんどエネルギーが流れず、代わりにほとんどがリサイクリングミラー側にエネルギー供給、つまりレーザービームが流れ込むことになる。
ここでリサイクリングミラーの登場である。
リサイクリングミラーは一往復してきたレーザー光線をもう一度分岐器に撃ち戻すことができる。
レーザービームのリサイクルである。
うまくリサイクリングミラーを調整することで、入射レーザー光の5倍近くの明るさの光線が常に検出装置の内部に飛び交わせることができているらしい。
できるだけ実験の精度を向上させることで、良い結果を得ようとする重力波研究室の努力はすごいものだと思う。
何かいいイベントが発生することで、重力波の存在を確認し、さらに重力波天文学の発展も期待したいと思う。
(重力波により、電磁波(光も電磁波の一種)と全く異なる性質をもち、いままで電磁波観測では観測できなかったビックバン直後から約38万年の間の現象をも観測できると期待されている。)


今日は楽しい一日であった。 少し冷えてきていた宇宙熱がヒートアップしそうだ。
(↑宇宙熱という熱が存在するのではなくて、僕の宇宙への好奇心が盛り上がりそうだということ。念のため。)
またさまざまな宇宙開発の分野に目を向けていけたらいいなと思う。