'自転車' に関する記事のまとめ

京都

9月に入って、細かな予定をがちがちと詰め込みすぎてしまっているようだ。
ついこの間中国から帰国したと思ったら、すぐゼミが再開。
更にバイトも再開。
しかもバイトは1学期のように授業をするだけでなくテストの採点も毎週することになった。
まだ学校の授業始まっていないからまだ時間的余裕はあるけど10月からは大変そうだなあ。。

ところで、9/12,13は京都へ遊びに行った。
本当に急な思いつきで、4日前くらいに行こうと決心し、化学グランプリで知り合った友人M.M.氏に連絡をして一泊させてもらうことになった。
1か月くらい前から京都に行きたいとは思っていて12,13,14,15,16日は予定を空けていたのだが、14日にUROPの発表会があるということで、14日の朝に夜行バスで帰宅することにした。
たった一泊だけであったが、京都へ行って久々に会う友人とゆっくりと話す時間がとれて本当によかったと思う。
普段からいつも一緒にいる東大のメンバーと語り合うことも大切だ。
しかし、京都大学のメンバーをはじめ、中学時代の知り合いなど、普段は全く異なる生活環境に生きる人と語り合うのは本当に重要だと感じた。
僕自身も、京都の友人たちもすごいいい刺激になったんだなあ、と実感した。

ただ、今回達成できなかったことは京都に自転車で行くことができなかったということだ。
今回の京都旅行の当初の目的は、自転車で京都川崎間を走破する、ということだった。
しかし時間的制約が厳しく自転車で行くのを断念した。
次回京都行くときこそは少なくとも往路もしくは復路を自転車で走りたいと思う。

持ち帰ったお土産は、もちろん焼き八ツ橋である。
デジカメを持っていかなかったため、携帯電話で写真を撮ったのだが、どうもWindows7の環境ではDocomoの携帯電話のデータをうまく吸いだせないらしい。
なんとか対処しようと試みたが、今のところ上手くいっていない。
Windows7には仮想的にXPマシンを動かすことができる機能(VirtualPCを利用)があるのでそれをダウンロードしてみたがそれも上手くいかなかった。
原因究明はまたもや後回しになってしまいそうだ。

2009.06.27 土曜日 [ Latest News, その他, 旅行, 移動手段]

運転免許

一か月近く更新をしないまま放置をしてしまったようだ.
4月になってからバイトが忙しくなり(実際は週一だが準備もあるため)、自主ゼミも2つ参加、そして大学の合唱サークルに所属したこと,また高校のOBOG合唱団の練習に土日を費やすようになったことが忙しくなっている理由だろう.
その上、一か月前から自動車教習所に通うようになったからだ.

とくに教習所に関しては授業の合間を縫って通っているからか,日記を書けない主たる要因だろうと思う.
というのも,今まで日記も空き時間を利用して学校の図書館などで書くことが多かったからだ.

バイトが2週間ほど休みになるのでまた日記を書く癖を復帰したいところだ.
気付いたことは,日記を1か月間書かないでいると,やっぱり精神的に不安定になるところも多いこと.
どうも,いつも自分から外部に対して情報を発し続けていないと落ち着けない性格なのであろう.
ちょっとだけ今月は精神的にも,体力的にも不安定な一ヶ月であったという事実は否めない.

■自動車教習所について
それにしても,自動車の教習は予想以上に面白い.
マニュアル車は,オートマ車とちがいクラッチ操作がある分,機械を操る,という感覚がある.
マイコン制御と違い,自分の必要性に合わせて(強い加速がほしいときや適宜エンジンブレーキが必要な時など)ミッション操作をすることができるのが魅力.
運転しながら,燃費のいい運転はどういうものだろうかと考えたりもしている.
(ちなみに,急発進が燃費を悪くする,という話があるがどうやらマニュアル車の場合そうでもないという結果に至った.
まぁ,信号待ちなどで前方に車がいる場合には発進後にまたブレーキングが必要になるような,不必要な急発進はもちろん無駄な燃料の浪費になるだけであるが・・・)

免許を取得したらマニュアル車を借りて(ついでに自転車も持って行って)旅行にでも行ってみたい.

2009.05.02 土曜日 [ Latest News, 移動手段]

自転車通学

昨日は、学校へ自転車で登校してみた。
天気がよく、一日中晴れであったことと、自転車に乗りたいという思いがあったからだ。

今まで、試験的に(?)授業の無い日や、休講の関係で夕方の授業しか無い日にしか自転車で学校まで行ったことはあったが、昨日は初めて実用的に自転車に乗った日、ということになる。
昨日は授業は1限と5限のみ。(先生方、みんなGWで遊びに行っているのだろうか…)
1限の授業に自転車でいくのは、実際、遅刻しないかと心配だった。
朝は国道は混雑が見込まれるからだ。

(これまで自転車を使って学校までの)最短所要時間は40分であったが、昨日登校に要した時間はDoorToDoorで50分かかった。
朝のラッシュ時の電車でも40分以上かかる所を考えれば、まあいい結果と言えるかもなあ。。。

それにしても、都内国道を走行する自転車ユーザーのマナーの悪さに唖然とした。
前回大学に行ったときには、ずっと携帯電話で電話しながら自転車をこぐ人がいてイライラしたこともあった。
今回思ったのは、信号無視をする人があまりに多いということ。
朝は、車の運転手も含め皆急いで移動しようとする傾向にあるようで、自転車ユーザーも慌てている感じがした。
しかし、脇道からやってくる車も急いでいる可能性もあることだし、もう少し気をつけないといけないんじゃないかなあと思った。

しかし、信号をキチッと守る必然性もあるのかどうかというのも疑問ではある。
(昨日はバカみたいにきっちりと信号に従って移動したが。)
左右を確認して絶対に安全であると考えられる場合、渡ることを禁止する法規自身に若干問題があるのかもしれない。
(法律の専門家ではないから実際にはどのような法律があるのかなどわからないのだが・・・)
たとえば、車の通行量が(街道並に)多くないと認められる道路の横断歩道の信号に関しては、赤色点滅信号のようなものを採用して、
「歩行者、自転車、原付自転車に限り個人の責任のもとで横断をすることが可能」
などというルールが作れたりしないのだろうか。
それだけでも、自転車ユーザーや歩行者の利便性を確保することが出来るだけでなく、歩道上の混雑を解消することが可能となるのではなかろうか?

まぁ、個人的にはこれは一時的なものであり、将来的には主要街道には自転車、専用通路のようなものを用意してもらいたい、と思うのだが。笑
(自転車専用通路があればトラックの運転手も、自転車の乗り手もお互いスレスレの場所を走る必要がなくなり、快適になるはずなのだけどなあ・・・)

2008.11.22 土曜日 [ Latest News, 大学]

駒場祭一日目

駒場祭一日目が終了した。
前に試食会をした時の食材を購入しに行ったのも、今朝販売用の肉をとりに行ったのも、朝早くのことだ。家を6時半過ぎに出て、7時には地元の市場につき、そこで肉を購入するのだ。

前回はクラスメイトのS.N.(隣の駅に在住. N高校出身者がほぼ100%を占める寮に住む)と、調味料とともに、買いに行った。
この日は市場で待ち合わせたので、僕はひとり朝の大通りをロードバイクで高速走行。
さむい。。。。
市場に着いた時には耳の奥(外側でなく)がずきずき痛かった。
こまめなブレーキ操作で手を動かしていたからか、指は問題なく動いたのだが。

今日はまたまた隣の駅に住む、T.S.(自宅生)とともに注文してあった15kgの豚タンを購入しに行った。
水曜日の試食の時と、何も変わらない。
※市場の行き方をしらなかったので、駅で待ち合わせて一緒に行った。

ただし、T.S.が、自転車のタイヤの空気が抜けていることに気付かずに、重い思いをしながら市場までこいでいったこと以外は(爆)
まぁ、話によると、僕がやすやすと自転車をこいでいるというのに、自分は自転車ごときで疲れ切ってしまっている、ということに少しプライドが傷ついたとか、なんとか。 ただ体力の問題ではなくて、要はタイヤの空気の問題だったのだが。(笑)
帰りは市場の守衛所で空気を入れさせてもらった。ありがとうございます。

店自身の売り上げについてはまた24日終了後に書きたいと思う。
場所は900番講堂という大講堂の北側で、新館前ステージという場所の南側にある。
時間があればぜひ立ち寄りください!

(お願い)
ちなみに、駒場祭では駒場祭グラン・プリーという、企画人気投票があり
これはe-mailか、もしくは入り口で直接投票できます。
×××××(駒祭終了につきアドレス消去)
に空メールをおくるだけで投票ができるらしいので、
気が向いたら、この日記を読んだ方で僕の企画を投票してくださる方がいれば投票メール送ってくださるとうれしいです(笑)

↑おかげさまで模擬店部門で駒場グランプリー1位を取ることができました!
ありがとうございます。
詳しくは次の日記をご覧ください。

2008.08.19 火曜日 [ Latest News, 旅行]

自転車旅行

明日(8/20)から三泊四日で自転車旅行に行く予定だ。
メンバーは五人で春休みに行ったメンバーと同じで、高校時代の塾での友人(僕も入れて三人は同じ大学)で行く。

前回の旅行の際には、メンバーのうち一人、S.Yが旅行前日に自転車でブレーキをかけた際、後輪がロックしてドリフトしてしまい、どこかに後輪を当ててしまったらしく、ホイールが歪んだ。
ホイールが歪んだまま走行すると、ブレーキパッドが当たって常にブレーキがかかったままの状態。
そんな彼はその状態を「オートブレーキ」と、命名しながら、その苦境をむしろ楽しむかのような意気込みであったのか、修理せず無理して走った。
下り坂でも減速する自転車とは、まさに「オートブレーキ」!?
(その場に居合わせた四人から見れば彼の自転車のスピードの遅さにはあきれるほどだったわけだが。。苦笑)

しかし、無理して走ったものの今度は熱でタイヤチューブがパンク。
そこでやっと諦めて、ホイール交換というハプニングに陥ったのである。
(春の地点でこれを書くのはあまりに恥ずかしかったが、もうじき時効だろうと思い書いてみた)

今回の旅行もハプニングが起きるかもしれないことは想定している。
(出来れば起きてほしくないわけだが。。)
ということで、自転車屋さんには「一日200kmほどは頑張れば行ける。」とアドバイスされたものの、ゆとりを持って移動距離を130km以下にするようにした。

はじめ3日で目的地浜松に向かう。
1日目 集合→(国道246)→御殿場
2日目 御殿場→(国道246)→沼津→(国道1)→富士→(国道1)→清水→(国道1)→静岡→(国道1)→焼津
3日目 焼津→(国道150)→御前崎→(国道150)→浜松
というルートを予定している。
そして4日目は浜松観光をしたのち、輪行袋に自転車を積みこみ、青春18切符とともに鈍行で東京に帰る。
輪行袋を用いるのも今回が初めてだ。

何とかケガ無く、ハプニング無く旅行を終わらせたい。
帰宅したら写真をいくつかサムネイルにしてアップしたいと思う。


にしても、9月上旬は学校のテストなのに、この調子では本当に危ない。。。

2008.05.30 金曜日 [ Latest News, 大学]

とにかく走る。

先週末は五月祭があり、ここ一週間は忙しかった。
そして、久しぶりにたくさん自転車に乗った一週間でもある。

五月祭は、大学の大学祭のうち(*1)もっとも盛大に行われるもので、会場は安田講堂があることで知られる、本郷キャンパスである。
教養学部に属する1,2年生やサークル団体は主に飲食店などの出店をする。
僕のクラスは(中国語選択クラスなのであるが)チヂミを出店した。
(言い訳としては、クラスに韓国人留学生がいるから、であるが)
前回の日記にも書いたとおり、僕は主に食材の買出しをしていた。(もちろん店番もしたが)

前日も、いろいろと買出しが必要だったので、重たいものは僕が担当することにした。
そして当日も途中で買出しが必要になるだろうということで、自転車(*2)を本郷キャンパスまで乗っていくことにした。


以下に一日の流れを。。。

☆五月祭前日の行動☆
10時半 駒場登校

2限宇宙科学講義

昼ごはん&クラスメートと打ち合わせ

13時半~ UROP(5/2日記参照)

15時半 自転車で新大久保まで買出しに出発

16時~16時半 買出し

17時 本郷付近に住むクラスメートT家のアパート着

T家で食材の下ごしらえ

という感じの一日を過ごした。
この日の発見として自転車で駒場から本郷に移動しても1時間程度で到着するということ。
(電車でも乗り換えが多いため40分程度必要だから、自転車は便利だと思う。)

しかし、自転車を持っていったおかげであろうか(たぶん違うが:笑)チヂミの売れ行きはよかった。
おかげで二日とも、途中で食材が足りなくなり、買出しにいくことになった。
僕も何度か油や卵を買出しに自転車に乗っていったが、本当に疲れた。

買出しも含めて、初めて知ったこととしては、東京は坂道が多いということ。
我が家の近くほどではないものの、坂道がたくさんあることを知り、関東平野といえども、実は常には平らでないことは、僕にとっては驚きであった。


さて、二日間の五月祭が終わってみると、足が棒のようになっていた。
ここ1年間ほどは受験勉強や、軽い運動しかしていなかったようなもので、久しぶりに味わう感覚であった。


しかし、五月祭が終わったからといって、僕の自転車の旅(?)は終わらなかった。
今度はこの自転車を再び駒場まで持ち帰らなければならない。
仕方がないので、昨日、本郷まで自転車を取りにいった。

帰り道は、日が暮れて、途中方角がわからなくなってしまったこともあったが、なんとか駒場に自転車で帰還できた。
走行時間は55分。
駒場から本郷に自転車で走るのはちょうどいい運動になることがわかった。

来年は、(ちゃんと進級できれば)本郷と駒場を往復することも多くなるだろう。
晴れている日は自転車で本郷まで移動ができればいいなと考えている。



(*1)五月祭と駒場祭
(*2)普段から駒場キャンパス内の移動のために家で不要になった自転車(ママチャリ)を駒場においている。

2008.05.20 火曜日 [ Latest News, 大学]

小麦粉への道

題名を見て、なんのこっちゃ?と思うであろう。
僕は、昨日小麦粉を買いに行った。ただそれだけである。(笑)
今週末の土日は、大学(本郷キャンパス)で五月祭があり、僕のクラスはチヂミを出店します。
五月祭に遊びにくる人もいるかもしれないので、『たかさき2』という場所のテントにいることをお知らせします。
※シフト外だったら僕はいない可能性は大きいのだけど…。

このチヂミに必要なのがまずは小麦粉。
量が多いので何人かで分担して購入、運搬をする。僕は4kg分を購入することになった。
クラスメートからの情報から、家から少し離れた店で118円/kgなる安い小麦粉を売っているらしいとのこと。
電車で行くと交通費がもったいないからと、自転車で行くことにした。
しかし、この選択は間違いだったようだ。
昨日は天気予報では雨。
すっかりそのことを忘れて自転車で家を出る。

気づけばぱらぱらと小雨が。
家を出て真南に20分ほど道を進むと目的地に到着。
坂道が沢山あって、しかも夜なのでちょっと大変だったなぁなど考えながら、小雨の中に自転車を停め、小麦粉を購入。

スーパーを出ると、そこは土砂降りの雨。
わずか数分でこんなにも天気が変わるのかと驚かされる。
しかし、よくよく考えてみれば、今日は自転車で来ている。
土砂降りの中を20分走り続けなければならないのか…。

いったん屋根の下に入り、自転車を拭き考える。
「今日は小麦粉を買ったけど、小麦粉は濡らしてはいけない。自転車も錆びさせたくないからあまり濡らしたくない。」
などと考え、天気予報も信じずに家を飛び出した自分を責めてみた。

一時は駐輪場に自転車を停めて電車で帰宅しようかとも考えたが、あまりにも情けない。
と、自分を鼓舞(?)し、時々雨が強くなるたびに雨宿りしながら何とか家に帰り着いた。
顔に激しい雨が当たって痛い…。

帰宅時間20:30

とにかく小麦粉が無事であったので、安心した。(ビニールだけはちゃんと用意していったので厳重に包んでかばんに入れたから)

あとは五月祭でたくさんの人に購入してもらえばこの苦労が報われるだろうから、当日も頑張ろうと思う。

2008.04.01 火曜日 [ Latest News, 旅行]

塾の三年間は楽しかったなぁ~物理編~

28日は合唱部の演奏会がありました。
演奏会には塾の友達も10人ほど来てくれ、楽しんでもらえたようで嬉しかったです。
この演奏会で3年生は部活を引退することになりますが、これからも何らかの形で合唱を続けていきたいと思います。

また、30,31日は塾の友達4人とともに自転車で鎌倉まで旅行にいきました。
旅行にはハプニングが必ずあるといわれる(?)ように、今回の旅行もハプニング続出でした(笑)
友達の自転車がパンクして、近くの自転車屋に駆け込んだり、土砂降りの中をびしょびしょに濡れながら目的地に向かう羽目になったり。。。
しかし、このようなハプニングがありそれを乗り切れるからこそ、旅は面白いと言えるのですが、今回はやはり大変でした(笑)

たったの一泊の旅行でしたが、足の疲れがひどい状態です。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

高二のときからずっと塾でY先生という物理の先生の授業を受けていました。
彼は「高校物理の範囲を無視し、出来る限り大学の授業を見据えた物理を教えよう」という姿勢で授業を進めていました。

初めての授業は高校一年(新高二)の春休みで、まだ高校範囲の微積分を一通り終わったばかりだったというのに、線形微分方程式の解法(現行指導要領では高校範囲外)を教えてもらいました。
そのときはあまりに高度すぎる授業で、先生の言っている意味が全くわかりませんでした。(笑)
でも、高二夏休み頃には線形微分方程式が容易に感じられるようになれました。
これは先生のおかげであると思います。

このような、入試に関係ない「発展講義」の授業は高三夏休みまで続き、ベクトル解析や解析力学、相対論、量子論など多岐にわたる範囲を学びました。
でも、やっぱり先生の授業は高度すぎるようで、いまだにテンソルを用いた相対論の説明などは理解しきれていないです。(苦笑)

今は塾のメンバーと勉強会(自主ゼミ)を企画しているので、勉強会で「発展講義」で扱った内容くらいは理解できるようにしたいと思っています。

本当にY先生の授業にはお世話になりました。


PS
それにしても、噂に聞くところによると、
Y先生のぴりぴりした緊張感あふれる授業(笑)を経験していると、大学のゼミが生ぬるく感じられるらしい…
真偽の程は分かりませんが、大学の授業が楽しみです。