'HPLC' に関する記事のまとめ

2008.09.16 火曜日 [ Latest News, サイエンス, 大学]

UROP研究発表会

明後日(18日)に大学の授業の一つであるUROP(UndergraduateResearchOpportunityProgram)という授業の研究発表会がある。
前期と夏休みの半年間、研究室に配属されて、実際に様々な研究をした内容を発表するというものである。
今は発表に向けたパワーポイントを作成していて寝不足である。

普段僕はしっかりと睡眠時間を確保する方なのだが、久々に短い睡眠時間を続けている。
高校時代では年に1,2回あるかないかの眠たさ。。。(笑)
なのに、物理チャレンジに引き続きもう2回目の睡眠不足。。。(苦笑)

昨晩パワーポイントをなんとか作り終えて、今は、少し小休止。
今日昼に研究室で発表の練習をさせて頂く予定。でもまた今夜は、修正がはいる思うので睡眠不足は続きそうだが。(笑)

にしても、発表の持ち時間は12分間。
しゃべりたいことが沢山ありすぎて30分以上欲しいところなのだが(笑)どうやって圧縮するかが一番大きな課題である。
学会発表などで15分などもあるそうなのだが。(それは聴き手がその研究の背景を知っているから、発見したことだけを述べればいいから的が絞れるかもしれない。)
今回は話す相手は僕と同じような、専門研究の内容をよく知らない人ばかり。
研究の背景の説明だけで半分近く費やしてしまいそうだ。。
なのに、自分の研究の結果もたくさん述べたいわけだ。時間配分が難しい。

UROPは配属される研究室によっては「UROPの生徒専用の(ある程度結果のわかっている?)研究プログラム」が与えられるところもあるようだ。
それに対して、僕が配属された渡辺研では、研究室の実際の研究のテーマのひとつを与えてもらえた。
研究室としても初めての実験も多く、予想しなかった事態にも何度も見舞われた。
同時に、最終的に得たデータにひとつ面白いピークデータが出ている、こともわかった。
そのよく分かっていないピークデータについての研究もしたいわけだが、どうやら発表会には到底間に合わなさそうである。(というよりあと半年以上かかる?)

研究者というものは噂に聞いていただけであるが、この授業(体験)を通して、楽しい面もつらい面もよく実感できた。
でも研究者の道は充実しているなぁと実感させられた。

さて、最後の18日の発表会も頑張りたいと思う。

2008.06.09 月曜日 [ Latest News, 大学]

UROP三回目

先週金曜日は3回目のUROPに行ってきた。
UROPとは以前の日記で書いたとおり、駒場にある生産技術研究所の希望する研究室で「学部生が大学院生と一緒に研究や実験をする」というものである。

UROPとして僕は渡辺正研究室に所属している。ここの研究テーマは「光合成に関与するクロロフィルという分子とその変異体の構造を調べることで、光合成の仕組みを知ろう」というものだ。

ところで、僕がこの研究室を選んだのはもちろん研究内容に大変興味がわいたからだが、実はここの研究室の渡辺先生は、化学グランプリの副委員長だった…ということをあとから気づいた。
確かに思い返してみると、先生と面接したときに「どこかで見覚えがあるなぁ」とまでは思ったのだが(笑)、まさか高校生の時にお世話になった先生とは。。。
これを知って、研究室の方たちとさらに親近感を持てたことは、うれしかった。
しかも、化学グランプリ本戦でもらった白衣を、気兼ねなく堂々と着れるので、白衣を新たに購入せずに済んだ。
(胸ポケットに目立つように化学グランプリと書かれているので、恥ずかしさもあって実は着ることに少しためらいがあったから。)


今研究室全体での研究が次のテーマに移行しつつあるらしく、指導教官の先生方とともに手探りな状態である。
僕が夏休みまでテーマとするのはクロロフィルCを持つ生物の光化学系の内部の分子構成を研究するものである。
そのために様々な物質をHPLC(*1)に通して、性質を調べようとしている。

これまではずっとクロロフィルaを利用していたのだが、前回初めてクロロフィルcを分析にかけた。
しかし、うまく分析機で分離ができなかった。
なので、まずは分析機の調整が次回の課題になりそうである。
ちょっと面倒なことになりそうだ。


(*1)高速液体クロマトグラフィー:分子をカラムという障害物の詰まった管に流すことで、物質ごとのカラムの流れやすさの違いから、物質を分離、検出しようという機械