'Windows7' に関する記事のまとめ

京都

9月に入って、細かな予定をがちがちと詰め込みすぎてしまっているようだ。
ついこの間中国から帰国したと思ったら、すぐゼミが再開。
更にバイトも再開。
しかもバイトは1学期のように授業をするだけでなくテストの採点も毎週することになった。
まだ学校の授業始まっていないからまだ時間的余裕はあるけど10月からは大変そうだなあ。。

ところで、9/12,13は京都へ遊びに行った。
本当に急な思いつきで、4日前くらいに行こうと決心し、化学グランプリで知り合った友人M.M.氏に連絡をして一泊させてもらうことになった。
1か月くらい前から京都に行きたいとは思っていて12,13,14,15,16日は予定を空けていたのだが、14日にUROPの発表会があるということで、14日の朝に夜行バスで帰宅することにした。
たった一泊だけであったが、京都へ行って久々に会う友人とゆっくりと話す時間がとれて本当によかったと思う。
普段からいつも一緒にいる東大のメンバーと語り合うことも大切だ。
しかし、京都大学のメンバーをはじめ、中学時代の知り合いなど、普段は全く異なる生活環境に生きる人と語り合うのは本当に重要だと感じた。
僕自身も、京都の友人たちもすごいいい刺激になったんだなあ、と実感した。

ただ、今回達成できなかったことは京都に自転車で行くことができなかったということだ。
今回の京都旅行の当初の目的は、自転車で京都川崎間を走破する、ということだった。
しかし時間的制約が厳しく自転車で行くのを断念した。
次回京都行くときこそは少なくとも往路もしくは復路を自転車で走りたいと思う。

持ち帰ったお土産は、もちろん焼き八ツ橋である。
デジカメを持っていかなかったため、携帯電話で写真を撮ったのだが、どうもWindows7の環境ではDocomoの携帯電話のデータをうまく吸いだせないらしい。
なんとか対処しようと試みたが、今のところ上手くいっていない。
Windows7には仮想的にXPマシンを動かすことができる機能(VirtualPCを利用)があるのでそれをダウンロードしてみたがそれも上手くいかなかった。
原因究明はまたもや後回しになってしまいそうだ。

2009.04.15 水曜日 [ Latest News, PC、周辺機器関連]

新学期

新学期が始まってもう一週間がたった。
最近はいろいろと新しいことがありすぎて、日記に書ききれないほどだ。
全然日記を更新していなかったわけだが、(いつものことだが)書こうと思ったことを書かずに後回しにしたら一生書かないまま放置されてしまう、ということを実感させられた。


以前の日記でUMPC(新しく買ったノートパソコン)の到着予定日が決まったという話を書いたのだが、実はこれは3月中に届いていた。
Dell Inspiron mini9 で、OSはUbunutu であるものの、HDDはSSD64GBと容量が大きい。
立ち上がりも早いのがうれしい。
ただ、問題点としては電池の容量がそこまで多くはないので、重たい作業を続けていると電池の消耗が早いということ。
しかし重さも軽いため、教科書を1.5冊分程度余計に学校に持っていくという感じなので頻繁に学校に持っていっている。
今も学校でこのUMPCを使って日記を書いている所だ。


さて、以前にもかいたがUbuntuというLinuxのディストリビューションはあまり日本語の環境が充実しているとは言い難い。
Windows7を入れようかと考えているのだが、持っているISOが64bit版で、しかもWindowsのセットアップをDVDでなくUSBから実行しようとしているため日々難航している。

しかし、今魅力的だと感じているのは
・Vine Linux
・Jaris
などの、日本人開発チームによる日本向けのLinuxディストリビューションだ。
Jarisは4/14日の地点ではまだベータ版しか公開されていない(5月に正式版公開?)が、VineLinuxはLinuxのなかでは古い方で信頼性も高そうな上、初期インストールの地点から日本語TeX環境が整っているらしい。
今は試用段階ということでUbuntuマシン上でVMwareという仮想コンピュータを走らせそこでVineを入れて試用することにした。
(まだ昨日入れたばかりなのでTeXも試用してみてはいないが)

将来的にはこのPCはいくつかのOSを入れて用途に合わせて(電池の減りが比較的遅いOS,TeXをCompileするためのOSなど)利用できたらいいなと思っている。

2009.03.01 日曜日 [ Latest News, PC、周辺機器関連]

買ってしまった・・・

まだこのノートPCを一年も使っていないというのに,あらたにUMPCを買ってしまった:笑

今のPCはスペックがよく,そこまで重くはないので時々学校に持って行ってはいたのだが,さすがに混んだ電車の中で3kgの金属塊を持つのは辛かった.
最近ウルトラモバイルノート(UMPC)も安くなってきたし,と興味をもっていて時々値段を調べていた.
今回狙っていたのはDELL社のInspiron Mini9というもの.

我が家のPCは今回のを含め合計9台ある。
そのうち,古い3台を除きここ10年に購入したPC は6台がDELL社製だ…笑

つい2週間ほど前にはアメリカのDELL.comで,大統領就任記念セール($50off)もやっていて,$349で望みのスペックの製品を売っていたのだが,セールは買おうと思った前日までだった. 残念ながらあきらめる.
DELL日本での製品はまだ4万円を割らずにずっと値段が高いままだったので悩んでいた.
本当は3万2千円台で購入したかったのだが,まだ二週間前にはDell日本の製品の値段は4万2千円以上だった.  
なので,まあ譲歩して4万円を割ったら買おうというつもりでいた.


そんなことを考えていたら本当にセールをしてしまった.
セール期間は今日と明日.(3/1,2)
しかも2万5千円引きってすごい!
なんと狙っていたPCよりもさらにスペックが良いものが4万円を割ってしまった.
というか,僕が4万円以下なら買う,ということを知っていたかのような値段設定だ.(39,980円)
笑うしかなかった.

と言うことで,優柔不断な僕にしては珍しく即購入決定.
主なスペックは以下のとおり

[モデル]:Dell Inspiron Mini9

[OS]:Ubuntu 8.4
(このモデルに興味を持ったのもOSがLinuxであったことに影響された.わざわざセカンドマシンとしてのUMPCにライセンス料を払ってまでWindowsを入れる必要はないかと思っていた.とはいえ7月くらいまではWindows7 Betaを使う予定であるが.)

[CPU]:Intel Atom N270 (UMPC専用ともいわれる省電力CPU.まあ処理速度は遅くてもいいか.)

[RAM]:2GB
(このPCには1GBのRAMがあればいいと思っているのだが,2GBを購入する理由としては,現在使用中のメインPCのRAM構成が現段階で1+2GBなのだが,2+2GB構成に移行しようと狙っている.
そのため,せっかく2GB積まれて僕の家に届いたUMPCは即座に1GBのRAMに変更されてしまうというわけ:笑)

[HDD]:SSD(MLC) 64GB
(アクセス速度が速いといわれるSSDであり,PCの起動時間短縮を狙う.ただMLCタイプのHDDは書き込み耐久性があまり高くないらしいので,一時ファイルたちを別の記憶媒体に記憶させたいところ.今のところ,SDスロットに壊れてもいいSDカードを入れてTempフォルダを移行しようかと考えている.)

[画面]:8.9インチワイドディスプレー (映像にはこだわりません.)

[キーボード]:英語キーボード
(Dellのキー配列は異端児的な並びをしているうえ,日本語キーボードはキーピッチ(間隔)がせまいので英語にした)

[CDDVD]:なし
(OSのブートなどの際は,SDカードかUSBフラッシュメモリなどからのブートをしなくては!)

他初期設定どおり

という感じ.
1年もすればもっとハイスペックなUMPCの登場は確実だが,外出先でのメール返信と日記の更新(これ重要)が出来ればいいと考えているのでこのスペックで充分満足だ.
現在UMPCを購入しようかと考えている人は明日までのキャンペーン,確認しておくとよいだろう.

■参考URL
DELLホームページ(キャンペーン期間中はトップページにキャンペーンページへのリンクあり)
SSDについて(Wikipedia)

お知らせ(Ryo's Pictures)

新たに日記の左側のメニューバーに「Ryo’s Pictures」というリンクを設定しました.

画像整理には簡単なフリーPHPを使っています.機能としては「フォルダごと画像をアップロードすると,ディレクトリごとにグループ分けしてサムネイルを作ってくれる」というものです.
ただし欠点としては,いちどFTPでアップロードすると,即座にサムネイルを生成し,公開してしまうためコメントを編集中の画像も誰でも見れてしまうこと.

もし編集中とおぼしきものがあれば、(見るのを)後回しにしてもらえるとありがたいです.(笑)


■現地点で特筆すべき画像たち■
カミオカンデ
昨年11月に大学の主題科目・全学自由研究ゼミナール「素粒子物理学のフロンティア」という授業で岐阜県神岡鉱山にあるカミオカンデなどの研究施設見学に行った.
そのときの写真と説明である.
ちなみに旅の車窓から(2008.11.15)は行きのバスで書いた日記.

Windows7
現在のマシンに仮想的にWindows7をエミュレートしているのだが(これに関連した記事は執筆予定だが公開日未定!苦笑)そのマシンではVistaと異なり日本語だけでなく数式をも認識するらしいので認識させてみた.

量子力学の基本方程式であるシュレーディンガー方程式を書いてみた.
はじめΨ(Psi)を書いた時に大文字を意識するために横線を描いたのだが(これは筆記の際には一般的)どうも認識せず困った.
でも,多くの場合は誤った認識をされてもその文字(群)を投げ縄ツールで選択して他の予測候補に変換することができる.
まだ,行列の一般的表記などをうまく表示できないもののこれらは時間の問題だろう.
タブレットPCの普及も予測される現状のIT市場であることも考慮すれば,TeXが唯一の数式を効率よく記入する方法でもなくなる日も来るのだろう.
(また数式OCRのようなものも開発を期待している)