スーパーカミオカンデSK

タンク上部にあるやぐら
このやぐらでキャリブレーション(較正)用の光源を吊るす。
光源の輝度はわかっているので、この光源を光らせることで、光電子増倍管の感度などの調整を行うわけだ。

img