2015.06.15 月曜日 [ カメラ, サイエンス, 旅行]

スロベニアPortrose(Portorož)

学会に参加の為スロベニアのアドリア海に面した街にやってきた。
海で遊びたいけど,学会発表が運悪く(?)最終日の午後なので残念ながら遊ぶ時間はあまりなさそうだ。
発表準備もがんばっているけど,写真も時々撮りに行っている。
とても静かで平和な街だ。

写真が時系列と逆になってしまったけど,まあいいや。

20150614-DSC00489

20150614-DSC00483

20150614-DSC00462

20150614-DSC00467

20150614-DSC00454

20150614-DSC00443

20150614-DSC00356

20150614-DSC00337

20150614-DSC00330

20150614-DSC00313

20150614-DSC00310

2015.06.07 日曜日 [ カメラ]

少なくとも写真くらいは。。。

有限実行・継続は力なりといわれるが,全く対極である。
ブログに書きたいことは常にあるけれど,ブログを書く時間を積極的に取ろうとしなければ一生書かずじまいだ。
大学院に進学して運よく“お給料”を貰って研究をできる身分になった反面,これまで物理学という概念を簡潔に伝える練習の場でもあった塾講師という仕事を辞めざるを得なくなり,自分の考えなどを表現することが殆どない生活になってしまっていた。
ブログくらい書く時間とらないとね。 研究はもっぱら英語でのコミュニケーションが中心となり日本語を運用する機会も減ってきている。
少なくとも写真くらいはブログに載せる癖をつけよう。

もともと写真を撮ることは好きであったけど,一眼レフが好きな複数の友人の影響を受け,ついにマイ一眼を購入した。
とはいえ,ブログさえも全く更新しないものぐさである。家には父親がメインで使っているNikonのD90という一眼レフがあるものの,重たい・大きいというものを常に持ち歩く気持ちにはなれない。
これまでは,そこそこ良いレンズを積んでいるスマートフォンと,Twitter/Instagramという“手軽な”ツールで満足したつもりになっていた。(少なくともそう自分を言い聞かせていたであろう。)
けど,やっぱりスマートフォンで撮るたびに(またはシャッターチャンスを逃すたびに)いい写真が撮りたいという欲求が高まるばかりであった。

新しいカメラはSonyのα6000というミラーレスの一眼レフである。
なんといってもミラーレスって光学ファインダーを搭載していない代わりに軽さが売りである。
これまではミラーレスの弱点として指摘されてきたオートフォーカスの性能も,この機種なら像面位相差AFシステムとコントラストAFシステムを組み合わせることで普通の一眼レフに遜色ないAF性能を発揮する(とされる)。

新しいカメラ(Sony α6000)
(撮影:Experia Z2)

写真は一緒にカメラを選んでくれた,PENTAX愛好家のKHくんの一眼レフであるけど,やっぱり小さくて軽いって無精者には大事。
# たぶん数年後には,こんなミラーレスカメラじゃつまらないからプロ用のフルサイズ機がほしい,と言っている気がするけど。

レンズはKHくんの影響もあって極力単焦点でそろえていくことにした。
標準ズームレンズは1万円くらいで買えるけど,買ったところで使わないだろう(し本当に必要なら家のD90の標準ズーム18mm-200mmを使えばよい)ということで35mm/f1.8の単焦点レンズ(35mmフルサイズ換算で52.5mm)。
ついに単焦点デビューである。

これまで家のD90で使っていたのが開放絞りF3.5だから圧倒的進歩である。
借り物とかで明るいレンズを使ったことがあるけど,ついにGetしてしまったわけだ。F1.8はしばらく楽しめそう。
高校時代からの友人の研究室で勝手に顕微鏡の写真を撮ってみた。Nikonの顕微鏡をSonyのカメラで撮る。

顕微鏡
(撮影:α6000 35mm F1.8 1/60sec ISO500)

F1.8は被写界深度が浅すぎると言いたくなるくらいだ。
なんでこれまでこういうレンズを所有していなかったのだろうか。(一生縁がなかったほうがカメラ沼に落ちずに済んだかもしれない。)

家のそばにあじさいが咲いていた。
撮影した昨日は雨が降っていたのですが雨上がり。水滴の感じを表現するにはまだまだ練習が必要かもね。

あじさいF1.8
(撮影:α6000 35mm F1.8 1/1600s ISO100)

F1.8で撮影していて気付いた。拡大してみるとピントがあっていない花びらのふちのぼけ方で赤と青が分離している。
これ,色収差ですね。通常は蛍石(CaF2)の異常分散の性質をつかって収差を補正することで収差を無くしているのだけど,完全には消しきれてないんだなー。
やっぱり,ミラーレスのレンズって軽さを重視しているゆえに光学系は完璧とまでは言えない。まあ初めての単焦点レンズとしては全然気になってない。

あじさいF2.5
(撮影:α6000 35mm F2.5 1/320sec ISO100)

ちょっと絞りを加えてみた。
F2.5でもまだ被写界深度は浅い気がする。
まあ,今回は家の前の写真であるので家の位置が写真から特定されないようにするにはちょうどいい。笑

暗いところでのカメラの性能も試したくなったので夜になって同じあじさいを撮影してみた。

あじさいISO51200
(撮影:α6000 35mm F1.8 1/100sec ISO51200)

家の近くはナトリウムランプっぽい色をした街灯の光があるので色はうまく出せないのは仕方ない。(だいぶLightroomで色調をいじっている。)
ISO51200っていうのは,このα6000の最高感度の設定である。
ノイズが増えているけど,とはいえ拡大しなければ全く問題はなさそうである。
# ちなみに,3月にα6000の上位機種であるα7sというフルサイズミラーレス機をレンタル屋さんで借りて星空を撮りに行ったのだけど,この機種は最高感度ISO409600と尋常じゃない感度で驚いた。

最近は複数枚写真を撮って合成するという技術も盛んである。
ハードウェアで解決が難しい問題もソフトウェアでカバーできてしまうというのが頼もしい。

あじさいISO3200
(撮影:α6000 35mm F1.8 1/6 ISO3200)

ISO3200だけど5枚くらい連写してカメラが自動的に合成するとこうなる。手持ちだから完璧にぶれていないかといわれるとそうでもないけど,拡大してもノイズ感感じない写真を撮れたのはうれしいことだ。

2012.04.18 水曜日 [ Latest News]

21日(土)理化学研究所(和光市)一般公開

今週末21日に私の研究室の実験施設でもある理化学研究所(理研)の本部キャンパス(和光市)の一般公開か行われる。
理研といえば、世界一のスパコン「京」や、大型放射光実験施設Spring8(砒素カレー事件の犯人特定に、揺るがない証拠を提示したことでも有名)を持つことで有名(であり常に事業仕分けの矢面に立たされていることでも有名)である。
和光キャンパスはというと、脳科学研究のメッカでもあり、私の研究で使用する世界最高強度(ダントツ一位:二位以降より二桁強い)の不安定原子核ビームを作れる加速器施設がある。

今回の一般公開で私もこの加速器施設の展示の手伝いをする。
(といっても私がやるのは小学生向けの展示の手伝いだが。)
税金で数百億円(一人当たり数百円)もかけて建設した世界一の施設がこの日だけは誰でも見ることができる。
今年はヨーロッパから15億円もする検出器を借りていて、その検出器の展示もしている。
小学生から大人まで誰でも楽しめる展示なので是非時間が有る方、見にきてはいかがでしょうか。
加速器施設のスケールの大きさに圧倒されること間違いなし。

2012.04.10 火曜日 [ Latest News]

自分の時間の創出

大学院に入って、学部時代とは異なり自分の時間が作れそうなのがとても嬉しい。
学部時代は単位(と評定平均)を稼ぐことに主眼を置くことしかできず、正直自分としては必ずしも満足できる4年間を過ごせたとは言い切れない。
もちろん、勉強だけの生活をしていたならゆとりを作ることは出来たかもしれないが、他者にプレゼンする能力を磨くためにと塾でバイトをしたり、チーム研究の練習がしたいと、iGEMという研究チームを学部生の力だけで試行錯誤して運営したりとゆとり0の生活を送っていた。
が、大学院に入りやっと自分が独りで学ぶ環境を得られたのではないかと思う。

自分の時間が得られるのは今年だけなのかもしれない。
来年からは研究所で実験に没頭する生活が始まるのかもしれない。
そんな今年一年を生かすも殺すも自分の能力だと思う。
大学院で取るべき座学の単位数は12単位。
気になる授業は沢山あるが沢山の授業を履修することは自分の為にならないと感じる。
自分の分野に直接関わらないが、興味のある科目は、今年は取らないことにする。
来年になって、時間にゆとりがあれば履修しようと決めた。

今学期で卒業単位すべてを取る人も多いようだか、僕は今学期9単位にとどめようと思う。

原点回帰? Twitter からBlog へ

4年前、東大に入学し、そのとき以来ryo-t.comというドメインを運用し始めたのだが、Twitterという便利なツールの影響もありブログの更新頻度は大学入学以前(というか中学生の頃)と比較して減少していた。
しかし、Twitterというツールは気軽に投稿できる一方、論理的に考察を記述するには投稿可能な文字数が極めて少ない。

今年の4月からいよいよ大学院に進学することとなり、自分の机も割り当てられるようになった。
いよいよ一研究者の卵としての自覚が必要であろう。
考えをもち、整理し表現することは研究を目指すものとして(もちろん社会人にも当てはまるだろうが)必要不可欠である。

これまでも何度かブログ再開を試みてはいるが、どうも軌道に乗らずに失敗しているが、今回大学院入学を機に、今度こそブログをメインの媒体にしたい。

さて、Twitterからの原点回帰となりうるのであろうか。

2011.02.17 木曜日 [ Latest News, サイエンス, 大学, 大学]

Blog再開のお知らせ。(宇宙研行ってきました!)

最近、Twitterというものを始めて以来、140文字で手軽につぶやけるツールが便利なため、Blogを書くことをやめてしまっていました。
もともとBlogの読者だった方も、Twitterでフォローしてくださった、ということもあり、Blogを書かなくなってしまっておりました。
というのも、僕がBlogを書く場合、とても長く書いてしまう癖があり、そのために何時間もかけて書いてしまう癖があったからです。

しかし、Blogを書かなくなり、Twitterを積極的に(?)利用するようになって以来、自分の考えをまとめて記述する、という機会が全くなくなってしまったことに気が付きました。
日常的にものを考えて、それを表現するという、当り前の作業をしないままほぼ丸一年が経ってしまい、思考力が大幅に低下したことを自覚しました。

先月からTwitterの運用を一時休止しておりましたが、それはBlogへの移行を意図したものです。
今後はBlogを更新することをメインと捉え、それの補助的な要素をtwitterに持たせていきたいと考えております。
twitterの更新頻度は以前より減らそうか、と考えておりますが、TLは常に読んでおりますので、Blogのコメント欄の代わりとして用いていただければ幸いです。
(※本Blogではコメント機能を停止しております)

■宇宙研行ってきました!■
表題の内容ですが、昨日、学科のゼミの一環として相模原市にある宇宙科学研究所(ISAS)に訪問してきました。
(幼馴染のKくんやTさんも一緒にきてくれました。)
いくつかの天文系の研究室と、月探査、地磁気探査の研究室に訪問させていただきました。
宇宙研には何度も行ったことはありますが、大学学部生、という立場で先生方とお話しさせていただいたのは今回が初めてでした。
この会を企画してくださったゼミの牧島先生ならびに山崎先生や、親身に質問などに答えてくださった宇宙研の先生方には大変感謝しています。

時間があれば、各研究室の紹介を交えて感想を別の記事で投稿したいと考えています。

2010.06.13 日曜日 [ Latest News]

いってきます

これから、淵野辺にある宇宙研相模原キャンパスへ行く予定。
パブリックビューの予約まにあうかなあ汗


ちなみに先日からTwitterを始めました。
このブログを閲覧している方も、みられるように、左側のやっていますが、Twitterもみてみてください。 きょうは更新するかも?

2010.06.12 土曜日 [ Latest News, サイエンス]

n年前 某所にて

2つほど前の日記にヒントが隠されています(笑)
某所にて撮影した写真を掲載します。
写真に写っているのはもちろん…(後略)

n年前 某所 1



n年前某所 2

ついに明日

はやぶさの帰還も明日に迫っている。
明日夜、僕は淵野辺にある宇宙研相模原キャンパスに行くか、家からオーストラリア中継を見るのか、どうしようか悩んでいる。
インターネットでのはやぶさカプセル回収の中継が行われるらしい。
しかし、せっかくなら相模原キャンパスで、ライブビューイングも感慨深いともう。
気が向いたら宇宙研相模原キャンパスに行こう。

ライブ中継の時間は19:30から。
ライブ中継の前には管制室の様子を放映するらしい(18:00から)
(くわしくはこちらのページ)


以下に偶然見かけた記事を引用します。
富士通の大西隆史さんという、はやぶさにかかわった方のインタビューをもとにした記事です。

「はやぶさ」といえば?
6月11日(金)、街頭・電話・FAX・メール・ツイッターで調査 103人参加
複数回答は原則として最初の1つを計上

小惑星探査機「はやぶさ」…5人
認知度は5%でした。


とのこと。
知名度が低いのは本当に残念。
こんなに夢に満ち溢れている研究だというのに。

小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトは、
遥か離れた小惑星のサンプルを持ち帰るという
日本が世界に先駆けて行った偉業。
世知辛いニュースが多い世の中、
もっともっと報じられてもいいことではないでしょうか。

「このプロジェクトが広く認知されれば
 『はやぶさ2』の実現につながる。
 ここで終わらせるのは技術立国日本として
 あまりにもったいない!」


そのとおりですね。
宇宙開発、というのは研究という色も、もちろん充実していますが、それと同程度に、「教育的側面」というものがあるのではないでしょうか?
宇宙というのは、小中学生を夢中にさせ得る分野です。
このようなプロジェクトはもっと、広く知られても良いのではないでしょうか。

(もちろん、このアンケートのサンプルの母集団が、偏っていたのかもしれませんが、それにしても知名度が高くないのは残念です。)

2010.06.11 金曜日 [ Latest News, その他, サイエンス]

はやぶさとともに歩んだ人生~宇宙を志すにあたって~

本日は
・五月祭総括
・はやぶさ帰還
の二本立てです。

つぎに二本目
こちらはホットなニュースです。

■はやぶさ帰還
最近、やっと市民権を得てきた、小惑星探査機「はやぶさ」ですが、いよいよこのプロジェクトも終わろうとしています。
(はやぶさ広報ページはこちら
衛星紹介のページはこちら

僕がはやぶさと出会ったのはなんと、僕が中学一年生の夏休み。
なんと八年前にもさかのぼります!

当時はJAXAではなく、ISAS(宇宙科学研究所)という小さな組織でしたが、その中で最大限羽を広げて研究をしているんだな、という印象をうけました。
はやぶさ、という呼称はつけられる以前でMUSES-Cというコードネームでした。

暑い晴れた夏休み、中学の先生に連れられて(中学時代科学部に所属)ISASの相模原キャンパスの一般公開に行きました。
そこで、MUSES-Cに出会ったのです。
ちょうど、はやぶさの最終調整(?)に入っている段階で、クリーンルーム内での作業をしていたをの覚えています。

しかもはやぶさに搭載されたイオンエンジンの研究者とも直接お話しする機会もありました。
この時ほど、鮮明に宇宙開発を志そうと思った時はないくらいでしょう。
当時の日記が見つかりました!こちらから2002/7/27(土) 「 忙しい 」をご覧ください。)

当時は、燃料電池や太陽電池などの新エネルギー開発にもっとも興味を持っていた時代です。
小学生のころの漠然とした、宇宙への興味が次第に薄れていたころでしたが、これをきっかけに徐々に内面から盛り上がっていくのを実感しました。


はやぶさ打ち上げは翌2003年5月9日です。翌日に日記を書いたようですが、ちゃんとはやぶさを追いかけているようです。
「はやぶさ」打ち上げ

さらに、実はその夏休みに家族の帰省で鹿児島に行ったときに、鹿児島にある内之浦射場(種子島以外にもう一つロケット打ち上げ射場があるのです。現在は使用されていない。)に行ってきました。
旅行の日記
実は、この内之浦射場では、端から端まで見せていただき、なかでも射場や、管制室など特別な場所に沢山連れて行ってもらったのですが、
これは秘密だよ、と釘をさされてしまったので、日記に書けなかった、という思い出があります。
(写真は残っています。そろそろ公開しても問題ないころかな。)


そんなこんなではやぶさとともに宇宙開発の現場を見つめて(?)来たわけですが、受験などで忙しく、あまり宇宙開発に接する機会も多くありませんでした。
しかし、そんななか、宇宙開発系のニュース(JAXAのプレスリリースなど)は心の支えになりました。
特に、はやぶさや、東大中須賀研の打ち上げた超小型衛星などの情報は、いつも注意深くみていました。
どちらの衛星も、小型衛星、超小型衛星なので、どうしても機器のトラブルは発生してしまうものです。
しかし、そこでくじけずに運用を続ける姿勢にいつも感動していました。

はやぶさが、小惑星イトカワに到達したのち、制御不能になり、行方不明になってしまったとの情報を知ってからは、携帯の待ちうけをはやぶさのCG画像にしたくらいはやぶさを応援していました(笑)
地球から遠く離れたところにいる衛星が制御不能になれば、諦めたくなるものでしょう。
しかし、諦めずに知恵を絞ってプロジェクトをやりとおす姿勢、それに感動していたのを覚えています。

はっきり言って、僕にとっては小惑星イトカワに到達して、また飛び立って、制御不能になったものの、再び地球に向けて航行を始めた、ということをしり、とても満足でした。
そもそも、はやぶさに搭載されているイオンエンジンの推力はとても弱く、殆ど技術実証がされていない時代、それを搭載した衛星を作りしかも小惑星に到着したこと自体素晴らしいことなのです。

だというのに、そのはやぶさがついに帰ってくるのです!
帰り道もイオンエンジンの不調などでトラブルもありましたが、最後はクロス運転という最後の最後の切り札(?)で乗り切りました。

13日に、イトカワで採取したサンプルカプセルがオーストラリアに着陸します。
世の中の多くの人は、「小惑星の砂が入っているかな?」と楽しみにしているところですが、僕にとってはあまりに悲しくてなりません。
はやぶさ本体は地球の大気圏に突入し、燃え尽きてしまうのです。

しかし、そんなこともいっていられません。
これは、当初の計画の通りなのですから。
僕よりも、辛いのは研究者・技術者だと思います。
しかし、このはやぶさプロジェクトの苦しみや感動は、必ずや計り知れない影響力を関係者に与えるでしょう。
このさきがけ的な無人惑星探査&サンプルリターンプロジェクトの成功は、次やさらにその次の宇宙科学、というより科学技術全体に良い刺激になると信じています。

まだ、カプセルは地球に落ちていないので、あまり騒ぐのも良くないかもしれないですが、僕にとってはカプセル飛来はもはやおまけに感じてしまうほど、それ以外の部分でのはやぶさの成果がすさまじい、というわけです。
これだけの内容を、一つのプロジェクトに束ね、しかも負けず嫌いの精神(?)でプロジェクトをやり遂げた川口先生は僕にとっては(お会いしたことないのですが。)目標とすべき人だと思っています。
将来、研究者になるにしろ、社会にでるにしろ、粘り強く生きて行こうと思います。